ここから本文です。

現在のページ

臨床研究中核病院整備事業に選定

北海道大学病院(病院長:福田諭)は、平成24年5月25日、厚生労働省が公募した「平成24年度臨床研究中核病院整備事業」の一つとして選定されました。


本事業は、日本発の革新的な医薬品・医療機器等の創出、難治性疾患や小児疾患等の新規治療開発、最適な治療法の確立をめざし、国際水準の質の高い臨床研究を実施することを目的としています。この中で北海道大学病院は、臨床研究中核病院としてのその中心的な役割を果たします。


事業期間は、平成28年度までの5年間で、毎年度、設備・組織等の基盤整備に5億円程度、及び研究費に1億円程度が交付され、総額約30億円となるものです。


この事業を通じて、北海道大学病院は「信頼される臨床研究」を「北海道から世界へ発信する」臨床研究拠点となるべく、尽力して参りますので、ご支援をお願いします。
 

臨床研究中核病院整備事業に選定
 
 
本事業に関するお問い合わせ先

ここからフッターメニュー