文部科学省 大学病院連携型高度医療人養成推進事業

FAQ




Q

大学病院連携型高度医療人養成推進事業とは何ですか?

A

文部科学省の事業で、複数の大学病院が協力し、各病院を循環しながら修練や幅広い経験を積むことを目的とする医師養成システムです。このプログラムは全国で選ばれた19事業のうちの一つです。

↑TOPにもどる

Q

大学院にすすみたいのですが?

A

可能です。大学院臨床医学コースも用意されていますので専門医と学位を同時に取得できます。研究マインドのある臨床医を目指す医師におすすめです。

↑TOPにもどる

Q

このプログラムの特色は何ですか?

A

研修医は、道内3医育大学で共有化された関連教育病院で研修することができ、さらに東京慈恵会医科大学附属病院を加えた4大学で高度専門研修を受けることができます。

↑TOPにもどる

Q

関連教育病院の共有化とは何ですか?

A

このプログラムの特色の一つで、大学の壁を越えて関連教育病院を道内3医育大学間で共有します。定員の調整等は必要ですが、基本的には道内のどこでも研修できるようにします。

↑TOPにもどる

Q

このプログラムに参加するにはどうすればよいのですか?

A

初期研修終了後に道内3医育大学病院の各診療科に専門研修医として所属すると参加できます。

↑TOPにもどる

Q

自分の希望する関連教育病院を自由に選ぶことができるのでしょうか?

A

研修コースの詳細は各大学の各診療科が定めていますので、本人の希望と合わせて3医育大学間で調整することになります。

↑TOPにもどる

Q

このプログラムの期間は決められているのですか?

A

各診療科の研修プログラムによります。卒後10~12年で「自立した専門医」となることを目標としています。

↑TOPにもどる

Q

他大学の診療の見学のみでも可能ですか?

A

一日単位でも可能です。ぜひ積極的に利用して研修内容を深めてください。

↑TOPにもどる

Q

他大学における高度専門研修の期間は?

A

見学から年単位の実地研修まで目的に応じて4大学間で調整しています。

↑TOPにもどる

Q

他大学での高度専門研修の参加申し込みはどのようにしたらいいのですか?

A

所属する診療科を介して卒後臨床研修センターに依頼してください。

↑TOPにもどる

Q

他大学で高度専門研修する際の身分や給与はどうなるのですか?

A

研修先の非常勤職員等として採用されるよう4大学間で調整します。

↑TOPにもどる