文部科学省 大学病院連携型高度医療人養成推進事業

トップページ > このプログラムについて

このプログラムの目的

プライマリケア能力と専門領域の診療能力を兼ね備えた、真に実力のある「自立した専門医」となることをサポートし、そしてその暁には獲得した専門性を活かして診療・研究を精力的に行いつつ、大学病院あるいは関連教育病院で指導的専門医として後進の教育にあたることができるという高度医療人育成システムを確立することがこのプログラムの目的です。

↑TOPにもどる





「自立した専門医を育むオール北海道プラス1」について

平成17-19年度医療人GP「地域・大学循環型の専門医育成定着システム」により、それまでは医局主体のであった研修システムが大学病院主体の透明性のある、公平な、教育重点のものとなり、プライマリケア能力と専門診療能力を合わせもった応用力のある専門医を育成する後期研修システムの基盤が整備されました。さらに、魅力ある研修システムを専門研修医に提供するためには、一大学病院だけでは限界があり、北海道大学病院・札幌医科大学附属病院・旭川医科大学病院の北海道の3医育大学病院が「オール北海道」として協力することが不可欠です。

「自立した専門医を育むオール北海道プラス1(ワン):4大学連携および教育病院共有化による地域大学循環型専門研修プログラム」は平成20年度から行われている文部科学省「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」の一つであり、これによって、北海道大学病院・札幌医科大学附属病院・旭川医科大学病院の北海道の3医育大学病院と東京慈恵会医科大学附属病院が連携して専門研修を支援する体制が整えられました。

このプログラムは地域大学循環型の系統的な研修システムであり、多様性と選択性を確保した魅力あるキャリア形成プログラムです。卒後6-8年目で学会専門医の資格を取得したうえで、その後に数年の高度な専門研修を受けることができ、さらに指導医の素養も修得することができます。


↑TOPにもどる



プログラムの内容


このプログラムでは、北海道の3医育大学病院全体で毎年180名の専門研修医の採用を計画しています。2年間の初期医師臨床研修が終わったのちに、北海道大学病院・札幌医科大学附属病院・旭川医科大学病院のいずれかの診療科に専門研修医として所属することによって、このプログラムに参加することができます。専門研修(卒後3-8年目)では、関連教育病院で専門科の基本的診断治療技能を修得すると共に大学病院でより専門的な検査・治療手技を習得し学会専門医を取得します。このプログラムによって、北海道の3医育大学病院で関連教育病院を共有化するため、北海道内全域約200の関連教育病院の中から臨床研修の場を選択することが可能となり、今まで以上に多くの幅広い診療経験を積むことができます。また、大学院での臨床研究を奨励しているので、臨床研究能力を修得し学位を取得することもできます。

その後の高度専門研修(卒後10-12年目まで)では、北海道の3医育大学病院が高度な専門領域研修を他大学の専門研修医にも開放するとともに、東京慈恵会医科大学附属病院が7つの診療科で高度な専門領域の研修を道内3大学の関連コースに提供し、専門研修医は4大学連携で得意分野が補完された高度専門領域を学ぶことができます。

このプログラムによって「自立した専門医」となった後には、大学病院における診療・教育・研究に従事するのみならず、関連教育病院においても指導的専門医として専門診療を行うと共に専門研修医を指導するなど、多方面での活躍が期待されています。

↑TOPにもどる




医師キャリア形成プログラムの例


拡大画像を閉じるには、写真そのものや枠外をクリックするか、写真右上に表示される[]ボタンをクリックして下さい。写真左上の[]ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。

↑TOPにもどる





キャリアモデル (実際とは異なる場合があります)

拡大画像を閉じるには、写真そのものや枠外をクリックするか、写真右上に表示される[]ボタンをクリックして下さい。写真左上の[]ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。



拡大画像を閉じるには、写真そのものや枠外をクリックするか、写真右上に表示される[]ボタンをクリックして下さい。写真左上の[]ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。



拡大画像を閉じるには、写真そのものや枠外をクリックするか、写真右上に表示される[]ボタンをクリックして下さい。写真左上の[]ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。

↑TOPにもどる



プログラムの組織

本プログラムを統括する「北海道若手医師キャリア形成支援センター」内に北海道大学・札幌医科大学・旭川医科大学のキャリア形成支援センターを置き、各大学のコーディネータがセンター長を務めます。他に卒後臨床研修センター長、大学院担当責任者、プログラム統括教員、専任教員が構成員となり、各大学内の連絡・調整を行います。その下に卒後臨床研修センターが位置し、臨床研修委員会、診療科連絡会議と共にプログラムの実施運営にあたります。北海道の3医育大学のキャリア形成支援センターと東京慈恵会医科大学実務責任者は合同で企画調整ボードを形成し、年1回以上の会合を開き、本プログラムの企画調整にあたるとともに、評価委員会からの評価を受けて適宜プログラム内容の改善に努めます。コーディネータ・卒後臨床研修センター長を中心に卒後臨床研修センターは関連教育病院との連絡・調整を行います。



北海道若手医師キャリア形成支援センター

拡大画像を閉じるには、写真そのものや枠外をクリックするか、写真右上に表示される[]ボタンをクリックして下さい。写真左上の[]ボタンをクリックすると、マウスのホイールを使って画像を拡大・縮小できます。



プログラムの指導体制

北海道の3医育大学の各診療科では指導的専門医が複数名在籍し、学会専門医制度の指導医も兼ねて専門研修医の指導にあたります。関連教育病院でも学会指定の指導医あるいは専門医が常勤し学会指定修練施設あるいは関連施設となっており、プライマリケア能力と専門領域の診療能力を兼ね備えた「自立した専門医」となるための研修指導体制が完備されています。

↑TOPにもどる