文部科学省 大学病院連携型高度医療人養成推進事業

第二回シンポジウム「専門研修こそ大学で!」を開催しました。

日時:平成22年3月12日(金) 17:30~19:30
場所:かでる2・7

昨年に続き第二回のシンポジウムを開催しました。本事業に関わる大学病院の病院長・卒後臨床研修センター長、臨床研修関係者などはもとより琉球大学、兵庫医科大学、長崎大学などから総勢約40名程度ご参加いただき、活発な意見交換がなされました。

基調講演として、近藤哲教授が「専門研修こそ大学で!指導医確保についての北大病院のこころみ」と題して、大学病院と地域中核病院の連携による大学地域循環型指導医養成プロジェクトについて発表しました。続いて百石雅哉特任助教が「専門研修医数調査・初期研修医向けアンケート調査・教育関連病院向けアンケート調査の結果および分析」を報告しました。今年度中に行われたこれらの調査は事業として初めての試みであり、今後も毎年行う予定です。経年変化をみることもでき、貴重な資料になることでしょう。最後に第三部として長崎大学病院の医師育成キャリア支援室室長 濱田久之准教授より「大学病院での研修を促進するには」をご講演いただきました。非常に熱意あふれるご講演に、一同大いに刺激を受け、今後の我々の事業にすぐにでも生かせるノウハウをご教授いただきました。

長崎大学病院 医師育成キャリア支援室 http://www.mh.nagasaki-u.ac.jp/career/index.html

同スタッフブログ http://careerngs.exblog.jp/

(3月12、15、16日に我々の関連記事があります。)

近藤哲教授 百石雅哉特任助教
   
濱田久之准教授 会場の様子

↑TOPにもどる