文部科学省 大学病院連携型高度医療人養成推進事業

シンポジウム「出島発、肥前の国専門医養成プログラム-地域性・国際性豊かな医療人の育成-テーマ:続ける力」に参加しました。

日時:平成24年7月6日(金曜)15:00~17:30
場所:長崎大学病院 シミュレーションセンター(外来棟7階)

プログラム
【講演】
北海道大学病院卒後臨床研修センター 特任講師 鈴木清護 先生
「自立した専門医を育むオール北海道プラス1」

【連携大学の取組】
長崎大学病院 医療教育開発センター 医師育成キャリア支援室長 小畑 陽子先生
琉球大学医学部附属病院専門研修センター 特命助教 又吉 哲太郎先生
富山大学附属病院専門医養成支援センター 副センター長 石木 学先生
佐賀大学医学部附属病院卒後臨床研修センター 吉田 和代先生

【パネルディスカッション】
本事業の効果・問題点と今後の展望について
   司会 長崎大学医学部先端医育支援センター教授 安武 亨先生


平成20年度採択文部科学省「大学病院間の相互連携による優れた専門医等の養成」事業最終年度シンポジウム「出島発、肥前の国専門医養成プログラム-地域性・国際性豊かな医療人の育成-テーマ:続ける力」に参加しました。
鈴木先生が本事業の発表を行い、長崎大連携大学の各大学のこれまでの取組、問題点、今後の展望など様々な貴重なお話を、パネルディスカッションでは、実際に他大学で研修された先生も加わり、いろいろな意見を聞くことが出来ました。
事業最終年度にあたり、今後続けて行くために何が必要か、「続ける」ことの難しさ、大切さを改めて感じることがで大変有意義でした。

 
 

↑TOPにもどる