文部科学省 大学病院連携型高度医療人養成推進事業

「多極連携型専門医・臨床研究医育成事業」のシンポジウムに参加しました。

日時:平成24年11月23日(金曜)9:30開始
場所:琉球大学医学部臨床講義棟2階 (大講義室)

シンポジウム参加報告

平成24年11月23日金曜日、琉球大学医学部で開催された「多極連携型専門医・臨床研究医育成事業」のシンポジウムに参加してきました。

午前中は最終報告会として文科省大学病院支援室平野室長の基調講演、琉球大学専門研修センター長大屋教授の事業実績報告、事業によって琉球大学から東京大学に行って専門研修を受けた先生の報告、さらに北大東島の診療所とネット回線をつないだ講演、おきなわクリニカルシミュレーションセンターの紹介が行われました。

午後は「地域における大学病院のあり方と専門教育」をテーマにラウンドテーブルディスカッションが行われました。私もパネリストの一員として、スライドを使って北海道や本学の現状と本事業を含めた現在の取り組みについて発言を行いました。パネリストは私の他、新潟大学、長崎大学、琉球大学の臨床研修担当教員でありましたが、どの大学においても医学生から専門医に至るまでの連続したキャリア支援の重要性、地域の医療機関と大学病院の連携による診療参加型臨床実習、特別推薦枠(地域枠)学生の卒後キャリア支援について、が主要なテーマとなっており、さまざまな対策について活発な議論が交わされ、充実したシンポジウムとなりました。


   
「多極連携型専門医・臨床研究医育成事業」シンポジウムの写真
   

↑TOPにもどる