ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

北大版看護実践能力開発ラダー

Ⅰ.北大版看護実践能力開発ラダーのねらい

  1. 個別性を尊重した計画的看護実践を行うための指標とする
  2. 自律した専門職業人としての能力開発を支援し、励ますものとする
  3. 看護職者が主体的に各々のキャリア開発に役立てる指標とする
  4. 看護実践能力の向上への動機づけとし、教育的サポートの基準とする
  5. 看護職者の適正な能力評価により、職務満足を高める

Ⅱ.4つの能力領域とねらい

看護実践能力

患者のニーズに応じ専門的知識・技術を用い安全・安楽に看護サービスを提供できる
患者・家族とコミュニケーション能力を高め、対象に合わせたセルフケア指導ができる能力

管理能力

組織人として、看護師に求められる役割や責務を果たし、効率的な看護サービスにつなげられる能力

人間関係形成能力 (コミュニケーション能力)

コミュニケーション技術・態度育成を図り、人間関係を築き、医療チームと連携・調整し協働していける能力

教育・研究能力

学生や同僚を支援する能力と患者ニーズや医療の進歩に対応し、看護の質保証のために看護を創造・発展させていける能力

現任教育

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー