ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

小児救急看護

小児救急看護認定看護師

 


小児救急看護の専門性                                                                                                   

  • こどもと親の権利を擁護し、かつ適切な医療とケアが提供されるように支援する   
  • 少子・核家族化する育児環境の中で社会問題となっている小児救急医療において、最新の身体・心理・社会的知識・技術を持ち自立して対応できる能力を持つ
  • 小児患者・家族への指導を通して、家庭育児能力の向上に貢献する
  • 小児虐待に対する早期発見・適切な介入を通して、小児虐待の悪化を予防する                                                        
     

活動内容

  • こどもの発達段階に応じた適切なケアの提供:入院中でもできるだけ成長発達が妨げられないように、発達段階に応じたこどもへの関わり方を考え、適切な医療とケアを行なっています
  • 小児の救命技術指導、救急時のフィジカルアセスメント
  • プレパレーションやディストラクションの効果的な方法
  • 集団災害時の小児の特徴をふまえて、災害時看護や入院環境について考えます
  • 家庭での事故からこどもを守る手段や環境について考え、親への指導を行ないます
  • こどもの入院環境について考え、改善できるよう取り組みます
  • こどもの虐待の徴候と対応についての情報提供を行ないます
    
                                                                                          
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー