ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

看護部現任教育

看護部教育目的

専門職の自覚を持ち、患者の個別性を尊重した計画的な看護が主体的に実践できるよう教育支援する

看護部教育目標

北海道大学病院の機能に対応できる看護の人材を育成する

  1. ジェネラリストとしての能力が獲得できる
  2. 医療チームでの役割を自覚し、リーダーシップが発揮できる
  3. キャリア開発のための主体的学習ができる
  4. 研究的な視点・姿勢で看護に取り組む事ができる

Ⅰ.教育計画(平成29年度)

1.ラダーレベル別研修

研修名 対象 期間 目的
看護研究 ラダーレベルⅠ以上 1日間 臨床における看護研究の基礎とプロセスを学ぶ
リーダー研修Ⅰ ラダーレベルⅡ以上 1.5日間 看護チームにおけるリーダーの役割を理解し、リーダーシップを発揮できる
看護倫理研修 ラダーレベルⅡ以上 2日間 チーム医療の中で患者の権利の擁護者としての看護師の役割を理解し、倫理的視点に基づいて看護実践を行う能力を高める
家族看護研修 ラダーレベルⅡ以上 2日間 家族看護を理解し、看護実践能力を向上できる
リーダー研修Ⅱ ラダーレベルⅢ以上 2日間 問題解決能力を高め、チーム医療の中でリーダーシップを発揮できる
リーダー研修Ⅱ(継続) 1日間
看護とキャリア研修 ラダーレベルⅢ以上 1日間 チーム医療の中で看護職としてのキャリアを活かした役割が発揮できる

2.経年別研修

2年目多重課題研修 3年目研修

研修名 対象 期間 目的
新人看護職員研修     新人看護職員研修を参照ください
1年目研修 卒後1年目 2日間 看護専門職者として、自覚と責任ある行動がとれるための自己の課題が見出せる
2年目研修 卒後2年目 2日間 看護実践者として看護過程を展開する能力高め、看護実践の結果を記録できる
2年目研修(継続) 1日間
3年目研修 卒後3年目 2日間 3年目の果たす役割を明確にし、看護に対する自己啓発ができる
3年目研修(継続) 2日間

3.役割別研修

新副看護師長研修
 
研修名 対象 期間 目的
プリセプター研修 プリセプター
新人教育担当
1日間 プリセプターシップの概念を理解し、プリセプティを効果的に支援できる
プリセプター研修(継続) 1日間
臨地実習担当者研修 臨地実習担当者 1日間 看護学生の臨床実習について理解を深め、効果的な指導ができる
看護助手研修 看護助手 0.5日間 チーム医療における看護助手の役割を理解し実践できる
新看護師長研修 新看護師長 3日間 看護師長に求められるスキルを高め、看護管理者としての役割を発揮できる
新副看護師長研修 新副看護師長 1日間 副看護師長の役割が理解できる
副看護師長研修 副看護師長 0.5日間 副看護師長の役割を認識し、看護管理者能力を高める
看護師長研修 看護師長 0.5日間 看護管理者能力を高める
看護必要度評価者
養成研修
ラダーレベルⅡ以上 1日間 患者の重症度、看護必要度について適切な評価がおこなえ、部署で指導できる
静脈注射エキスパートナース
認定研修
受講要件あり 2日間 安全に静脈注射の実践ができるよう知識・技術を獲得し、スタッフに指導ができる

4.専門領域別研修

研修名 テーマ
がん看護 がん患者・家族の理解と看護/コミュニケーション
がん患者の退院支援
感染管理 スタンダードプリコーション
血管内・尿道留置カテーテル管理
皮膚排泄ケア スキンケアをケアする
膀胱留置カテーテル抜去後のアセスメント
がん自壊創の局所管理 
がん化学療法看護 がん化学療法看護(有害事象と看護)
がん化学療法看護(投与管理・曝露対策)
中心静脈ポート管理
抗がん剤曝露対策
がん化学療法・皮膚排泄ケア 皮膚障害とケア
がん性疼痛看護


緩和ケア・がん性疼痛看護
北大病院ELNEC-J(エンド・オブ・ライフ・ケア教育プログラム)受講者フォロー研修
緩和ケア(包括的アセスメント)

臨死期のケア
緩和ケア 緩和ケア(症状アセスメント)
がん放射線療法看護 がん放射線療法看護
乳がん放射線治療と看護
救急看護 1次救命処置
2次救命処置
急変時のフィジカルアセスメント
急変時のシミュレーション
災害看護
新生児集中ケア 入院中の母乳育児支援 知識編
入院中の母乳育児支援 実技編
新生児の痛みのケア
小児救急看護 こどもの一時救命技術
こどもの全身状態の変化の見方
手術看護 手術看護の基本
手術体位の実際
慢性疾患看護 訪問看護師・ケアマネジャーとの協働で
慢性疾患患者さんを理解する
糖尿病看護 インスリン治療と血糖パターンマネジメント
糖尿病患者の療養支援
認知症看護 認知症の中核症状・BPSDの理解と対応
摂食・嚥下障害看護 嚥下の評価と嚥下訓練の基本
HIV/AIDS看護 HIV感染症の看護
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー