ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

先輩メッセージ

所属:整形外科病棟(入職年:2016年)

天使大学 看護学科卒
(入職年:2016年) 北海道大学病院は新人教育制度が充実しており、技術やコミュニケーション以外にも、多職種との連携を、演習を通して学ぶ研修があります。また、1年目ならではの悩みや不安を同期と共有する場も設けられており、安心して成長していくことができる体制が整っていると感じています。
 私が勤務している病棟は、幅広い年齢の患者さんが入院して来られます。入院当初は痛みで歩くことが難しかった方が、元気に歩いて退院されていく姿を見ることは、看護師として大きなやりがいを得られる瞬間です。忙しい中でも看護師として、人間として、大きく成長していると実感できる日々を過ごしています。 

所属:ICU・救急部(入年:2016年)

北海道医療大学 看護福祉学部卒
(入職年:2016年) 私は学生の時実習で当院に来た際に、忙しい中でも患者参加型看護が行われていることに他の病院との違いを感じ、私もそこで一緒に働きたいと思い当院を選びました。
 院内での研修や部署内での研修も充実しており、看護師としてスキルアップできる環境であると強く感じています。
 私が所属しているICU・救急部では重症で意思疎通がはかれない患者さんも多いですがその家族との関わりから、その人らしさや家族の思いを聞いてケアに活かすことができ、やりがいを持って働くことができています。

所属:NICU・GCU(入職年:2015年)

北海道美唄聖華高等学校専攻科卒
(入職年:2015年) 研修や講演、能力に合わせてすすめられる教育制度が充実している点に魅力を感じ、入職しました。
 所属しているNICU・GCUナースセンターでは、ご家族やスタッフ全員で赤ちゃんの成長を考え、優しい環境のなかで赤ちゃんと触れ合えることができます。
 二年目となり、困難な状況になることも増えましたが、チーム全体での指導やフォロー体制があり、やりがいや楽しさを見つけながら成長する事ができます。 

所属:消化器外科Ⅰ/乳腺外科病棟(入職年:2006年)

旭川医科大学 看護学科卒
(入職年:2006年) 当院のキャリアシステムプランの院内認定がん看護エキスパートナースとして活動しています。
 がん患者さんは日々増えて多様化しており、病棟で身近な存在でありながら質の高い知識を持ち、患者さんの役に立てるよう努力しています。
 部署内で指導的役割を担う事や、常に知識を更新する必要があるため大変ですが、他部署のエキスパートナースとの連携や専門・認定看護師のフォローアップもあり、やりがいを感じながら働くことができています。

所属:小児科病棟 副看護師長(入職年:2002年)

北海道大学医療技術短期大学部看護学科卒
(入職年:2002年) 
 小児科病棟は、年齢、疾患、治療が幅広く専門的な知識や技術が必要となりますが、その分学びも多くあります。
 2016年に副看護師長になり、チームの皆で協力・成長し、看護を語り合いながら質の高い看護を提供することを目指しています。また病院の支援を受け、がん化学療法看護認定看護師の資格を取得し、病棟・院内のがん看護の充実に努めています。専門・認定看護師も多く、悩んだ時に相談しやすい環境にあるため、日々専門的な看護実践ができる環境です。
 皆さんも一緒に働いてキャリアアップしてみませんか。 
 

所属:婦人科/生殖器科病棟 看護師長(入職年:1997年 1999年短時間勤務 2002年正規職員)

北海道大学医療技術短期大学部看護学科卒
(入職年:1997年) 
 看護師長として、患者さんの意思を尊重した安全で専門性の高い看護を提供できるチーム作りに取り組んでいます。そのために、一人一人のスタッフを理解し成長支援する事、専門性を高めるための学習の機会やワークライフバランスを保ちながら自己研鑽できる職場環境を整えることが必要だと考え実践しています。
 是非、当院で看護について一緒に学び、看護師としてのキャリアを積み重ねていきませんか。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー