ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

先輩メッセージ

所属:リハビリ科/消化器内科/神経内科/救急科/麻酔科病棟(入職年:2017年)

北海道医療大学 看護福祉学部卒
 
 当院で実習した際に、「ここは看護師さんとの距離が近くて安心だ」と患者さんに言われた言葉が印象的で入職しました。患者さんと共に作り上げていく‘患者参加型看護’を実践している当院だからこそ頂いた言葉だと思っています。
 一年目は覚えることが多くて大変ですが、それをカバーしてくれるような研修制度や部署内の勉強会等の環境がしっかり整っており、日に日に成長を実感することができています。

所属:脳神経外科/神経内科病棟(入年:2017年)

北海道文教大学 人間科学部看護学科卒
 
 
 先輩から患者参加型看護の話やパンフレットを見て、患者参加型看護を実践したいと思い入職しました。
 新人看護職員研修をはじめ、院内外で勉強会が豊富なため病院全体で成長を支えてくれ、安心して学ぶことができています。プリセプターやキャリア支援室による定期的な面談は精神面のサポートを感じています。
 患者さんや家族と話し合い、思いを取り入れた看護を実践し、患者さんや家族から感謝の言葉をもらったとき一番やりがいを感じています。

所属:内科Ⅱ/血液内科病棟(入職年:2016年)

北海道大学 医学部保健学科卒
 
 専門・認定看護師による研修や医師による講演会など、自身を成長させる学習機会に恵まれている点に魅力を感じて入職を決めました。
 所属している病棟では、「難病」と呼ばれる原因不明の疾患や、糖尿病・腎臓病のようにセルフケアが重要となる疾患を抱えた患者さんが多くいます。これまでの人生で獲得してきたその人のやり方と、医療者の目線で必要だと考えることと、折り合いをつけながら関わっていくことにやりがいを感じる一方で、難しさもありますが日々悩みながらも患者さんと一緒に考えて「看護」していく楽しさを感じられています。

所属:地域医療連携福祉(入職年:2002年)

北海道医療大学 看護福祉学部卒
 
 私は現在、3人の子育てをしながら外来治療センターで育児短時間勤務をしています。通院でがん治療している患者さんが自分らしく過ごせるように、副作用のケアや患者さんの思いに寄り添いながら看護を実践しています。多様な疾患や薬剤の知識、高度な看護技術が必要ですが、院内の充実した研修や専門・認定看護師のフォローアップが、自分自身の学びやキャリアに繋がっています。
 当院は、子育てをしながらやりがいを持って働けるあたたかい職場環境です。ワークライフバランスを図りながら、看護について共に学び、実践しませんか。

所属:消化器外科Ⅱ/循環器・呼吸器外科/救急科病棟 副看護師長(入職年:2007年)

札幌市立高等看護学院卒
 今年度より副看護師長としての役割を頂き、働きやすい環境作りや、患者さんに安心・安全な医療や看護を提供できるよう皆で取り組んでいます。
 北大病院はラダーに沿った教育プログラムに加え、多くの研修や院内認定制度も用意されています。常に新たな目標や学びを得ることができ。それをサポートしてくれる環境も整っています。
 また、私の妻も別部署で看護師として勤務しており、周囲の支援のお陰で互いに無理なく仕事を続けられています。患者さんに良い看護を実践するには、まずは自分が元気であることが大事だと思います。
皆さんも私たちと一緒に働きやすい環境を作り、元気に学びながら働いていきましょう。

所属:内科Ⅱ/血液内科病棟 看護師長(入職年:2001年)

北海道医療大学 医療技術短期大学部看護学科卒
 
 当科には難治性で慢性の経過をたどり、セルフケアを必要とする患者が多く入院しています。一方的な指導ではなく、患者自身が課題に気づき、目標を見つけることができるよう、患者と共に考え実践する看護を大切にしています。
 看護師長としてスタッフ一人一人の目標を把握し、院内外の研修等、様々な学習・看護を経験できる機会を提供していきます。ぜひ一緒に参加型看護を実践し、自己のキャリアアップにつなげていきませんか?

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー