ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

特定行為研修修了者・創傷管理モデル

特定行為研修修了者・創傷管理モデル

 秋田 珠実

 
特定行為とは、厚生労働省が定めた省令により特定行為研修を修了した
看護師が医師の包括指示の下に実施できる、専門的な知識と技術を必要とする
「診療の補助行為」です。創傷管理モデル研修を修了した看護師は、褥瘡(床ずれ)
や手術部位感染創(傷負け)などに対して、医師の包括指示を受けて陰圧閉鎖療法
(創を専用の保護材で覆い陰圧にして治癒を早める)や、壊死組織の除去(創の治癒を早めるために血の通わない組織を専用器具で取り除く)などを行います。
看護師が特定行為を行うことにより、患者さんの生活に合わせた創傷管理の提供や、早期に退院が可能となるなどのメリットがあります。





特定行為研修修了者

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー