ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  後期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  消化器外科I

消化器外科I

 (1)患者に信頼される外科医、(2)コメディカルに信頼される外科医、(3)社会に信頼され貢献できる外科医を育てることを目標としています。そのために長期的でシステマティックな研修体制を教室・関連病院全体で協力して組み立てています。2年間の初期研修の後、前半3年は後期臨床研修=一般外科研修、そして日本外科学会専門医の取得を目指します。その後5年間は専門医育成期間となり、外科関連分野の「専門医」の獲得をめざします。この間には、論理的に考えることのできる『academic surgeon』を目指して大学院進学、研究も推奨しております。その後には国内外への留学も応援しています。長い期間をかけて一貫した教育を行うことで、外科の技術のみならず外科の魅力、外科医の社会に対する責任の大きさなども伝えていきたいと考えています。指導医自身も、指導しながら自らも学び、『半教半学』の精神でともに学び、ともに成長できる教室を目指しております。
 

研修内容と特徴

後期臨床研修プランの実際

1)目標 スーパーローテイト終了後の卒後3,4,5年次の後期臨床研修では、外科学全般に渡る医学知識とそれに基づく外科的判断力の研鑽、患者管理法や基本的外科手術を習得し、5年次に日本外科学会専門医を取得することを目標にしています。

2)研修内容

  1. 3年次;; 外科医として正式な第一歩を踏み出す卒後3年目レジデントにとってのこの1年間は、将来の外科医としての基本を養う非常に重要な期間と考えています。そのため、北大病院消化器外科I病棟にて外科医としての心構えや外科の基本的知識・基本手技などの教育を、「肝・胆・膵」、「消化管」、「乳腺・内分泌」、「小児外科」、「移植」の5グループをローテーションしながら徹底して受けます。具体的には、基本的な縫合結紮技術(鏡視下手技も含む)を習得する他、ヘルニア、乳房切除、胆嚢摘出術といった基本的な手術の術者や、胃切除や大腸切除などの鏡視下手術、肝切除、膵頭十二指腸切除といった高度な手術の助手を経験しながらこれらの術式を学びます。また、輸液・電解質、抗生物質、呼吸・循環、栄養などの術前・術後の患者管理を徹底的に指導を受けます。更には『今自分達が行っていることは正しいことなのか?』を常に意識しながら、指導医とともに最新の文献を検索し自分達のdata解析などを行うことで、外科診療に関する様々な疾患や問題を科学的に考え解決する“art & science”の基本を学びます。また、毎朝の「術前・術後」、「リサーチ」、「院内消化器」、「Mortality & Mobidity」、「Journal club」などの熱く厳しいカンファレンスやスタッフの講義などを通して自分の意見や考えを相手に正しく上手に伝えるプレゼンテーション能力の習得にも努めます。学会・論文発表なども積極的に参加し、これらの成果を存分に発揮して頂きます。
  2. 4年次・5年次; 大学病棟で取得した基本的知識と技術を背景に、熱心な指導医と豊富な手術症例(年間500例以上)がある日本外科学会と日本消化器外科学会の認定関連施設で外科の研鑽を行います。癌に対する手術だけでなく、大学病棟では経験することが少ない一般的な腹部急性疾患(急性虫垂炎、急性胆嚢炎、腸閉塞など)も多く経験できます。日本外科学会専門医に必要な『術者又は助手として350例以上の手術症例』は容易に到達可能であり、2年間で平均500前後(内術者として200例前後)の経験が可能です。尚、麻酔、救急、集中治療や心・血管外科などの関連分野の研修が不十分な場合でも必ず経験出来るように対応しています。
  3. その他; 後期研修の途中であったり終了後でもいつでも入局可能です.研修内容は,最初の1年目は大学病棟にて上述の卒後3年目とほぼ同様の研修を受け,その後は個々人の希望や状況等により臨機応変に対応いたします。

取得できる専門医・認定医


日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本小児外科学会専門医、日本呼吸器外科学会専門医、日本癌治療学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本乳癌学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医など
 

教育研修施設


北海道がんセンター、北海道医療センター、札幌厚生病院、市立札幌病院、旭川厚生病院、釧路労災病院、帯広協会病院、市立函館病院、日鋼記念病院、KKR札幌医療センター、札幌社会保険総合病院、北海道社会保険病院、苫小牧市立病院、渓和会 江別病院、砂川市立病院、岩見沢市立病院、札幌北楡病院、恵み野病院、天使病院、網走厚生病院、苫小牧日翔病院、市立士別病院、市立小樽病院、市立美唄病院、市立三笠総合病院、市立稚内病院、市立千歳市民病院、町立中標津病院、倶知安厚生病院、洞爺協会病院、西さっぽろ病院など
 

研修プログラム(フローチャート)


研修プログラム(フローチャート)
 

科長からのメッセージ

 「消化器外科Iでは、「卒後12年までに独立した一般・消化器外科医を育てる」ことを目標としています。そのため上記のような各研修医の目標や習熟度に合わせたflexibleなシステムで教育を行っています。主に卒後6年目まではスーパーローテイトの2年間を含め(1)患者管理、(2)医学知識、(3)communication skillの研鑽に努めるとともに、(4)医師としての倫理意識を高め、(5) 経験と科学に基づいた学習能力や、(6)チーム医療を含めたシステム医療の実践が出来る一般外科医の育成を目標としています。卒後6年からの専門外科医育成期間は、志望する外科学各分野で世界に通用する外科専門医の育成に努めています。そのためには豊富な症例を自ら経験するのみならず、腫瘍外科学、移植外科学、免疫学、再生医学、分子生物学、実験外科学等における2~4年間の研究期間を設けています。また、臨床や研究のために、国内・海外留学も積極的に応援しています。我々と一緒に全国、そして世界で活躍する外科医を目指しましょう!」

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る