ここから本文です。

整形外科

整形外科とは運動器官の疾患や 外傷を取り扱う分野です。脊椎・上肢・下肢などの全身の 運動器官を造り上げている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、 外傷による損傷、四肢などの先天性疾患を診断、治療、 研究する学問です。そして整形外科の治療は、単に病気やけがを治すだけでなく、 運動機能を元に回復させることを目的とします。不幸にして運動機能の回復が十分に 得られなかったとしても、残った機能を最大限に活用して、可能な限り元の状態に機能を回復させることも整形外科の大きな役割であります。また高齢化社会の到来とともに骨折などの外傷も増え、また変形性関節症なども増加しておりニーズが大きくなっています。
 

研修内容と特徴


医師(卒後)3年目以降の後期臨床研修プログラムは、整形外科専門医取得が目標となります。医師3年目から6年目までの4年間で、北海道大学病院と研修病院で交互に研修を行い、整形外科専門医を目指します。医師5年目以降で大学院に進学し3~4年で修了した後専門医の取得を目指すことも可能です。大学院では充実した指導体制により、先進的な研究を行うことができます。多くの大学院生が国際学会での発表や一流国際雑誌への英語論文掲載を行っています。 女性医師のために結婚や妊娠・出産による休職や留学の際のプログラムも随時用意しております。

医師7年目以降のサブスペシャリティー領域専門医研修プログラムは、高度専門性の修得が目標となります。4年間に北海道大学病院と各領域の専門医が常勤し専門性が高く症例数も多い札幌市内関連病院あるいは地域基幹病院をローテーションし研修を行い、サブスペシャリティー領域の高度診断・治療技術の習修得、専門医取得を目指します。この期間はとにかく多くの手術を実際に経験し、必要とされる高度診断・治療技術を徹底的に修得していただきます。大学院に進学した場合も同様に、学位の取得後は札幌市内関連病院あるいは指導医が常勤している地域基幹病院で研修するプログラムや留学するプログラムもあり高度専門性の修得を目指します。なお他の医療機関で整形外科専門医を取得し、さらに手外科や脊椎脊髄病専門医をはじめとするサブスペシャリティーの修得を目指す方は、このサブスペシャリティー領域専門医研修プログラムからの参加も可能です。
 

取得できる専門医・認定医


日本整形外科学会 脊椎脊髄病医 日本整形外科学会 スポーツ認定医 日本整形外科学会 リウマチ認定医 日本リウマチ学会 リウマチ専門医 日本手の外科学会専門医 日本脊髄脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医、内視鏡認定医
 

教育研修施設


札幌市立、北海道医療センター、北海道がんセンター、JCHO北海道病院、JCHO札幌北辰病院、NTT札幌、札幌厚生、斗南病院、天使、旭川市立、帯広厚生、釧路労災、釧路市立、函館中央、美唄労災、苫小牧市立、苫小牧王子、小樽市立、倶知安厚生、網走厚生、八雲総合など
 

研修プログラム(フローチャート)


研修プログラム(フローチャート)
研修プログラム(フローチャート)

科長からのメッセージ


歴史上人類が経験したことのない高齢化社会の到来に伴い、健康寿命の推進のため運動器疾患の重要性は社会の周知するところとなりました。従って私たち整形外科の役割は日々、広く深くなっているといっても過言ではありません。
当科の特色は質・量ともに優れた諸先輩、伝統というべきものと考えています。北大で勉強をした後に他大学の教授になられた先生、北海道内各都市を含む日本全国の病院で日々臨床の分野でがんばっておられる先生、基礎研究で世界をリードする研究をしている先生がみなさんの目標となって頂けると思います。さらに私たち大学病院のスタッフは高度な専門性をもって実際の臨床から基礎および臨床研究まで幅広い活動を行う中で直接皆さんの指導にあたっています。後期研修を大学病院で行う最大の利点は、単なる技術の習得のみでなく、これらの優れた先輩の先生が仲間として皆さんをサポートできることであると考えています。みなさんと共に学べる日を待っております。

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る