ここから本文です。

産婦人科

 産婦人科は、女性が一生(新生児期~小児期~思春期~性成熟期~更年期~老年期)のうちに遭遇する特有の生理的現象・疾患の全て、すなわち妊娠・分娩、腫瘍(良性・悪性)、不妊症、感染症、ホルモン異常、更年期障害など、さまざまな状態の患者様を対象としています。つまり女性の一生をトータルにサポートすることが求められ、まさに全女性に対する「プライマリケア医」、「かかりつけ医」から、各領域のスペシャリストまで広い人材が求められます。各人の指向、将来の希望に合わせ、全人的な視点に立った医師育成を目指しています。
 

研修内容と特徴

 北海道大学産婦人科は、症例が豊富で複数の指導医を有する関連研修病院と提携して新たに発足した一般社団法人WINDが研修プログラムを立案しており、大学病院における研修と組み合わせて、幅広く専門知識と練磨された技能を身につけることができます。その知識や技能の確認をするために、専攻医研修において到達度の自己評価と指導医による評価を行ない、研修委員会が到達度をチェックし、すべての研修医が産婦人科専門医として一定のレベルに到達できるようにしています。 具体的には、初期研修中は北大卒後臨床研修プログラムに則って研修します。産婦人科は2年目に1ヶ月から9ヶ月の研修期間を選択でき、日本産科婦人科学会のカリキュラムを参考に指導いたします。

 3年目からは産婦人科専攻医研修にはいります。具体的には3~5年目の期間に、産婦人科専門医受験に向けて大学病院を含めたWIND所属の日本産科婦人科学会研修指定施設で研修を受けます。この期間は日本産科婦人科学会の卒後研修カリキュラムに則り、研修医および指導医が研修到達度を6ヶ月毎にWIND研修プログラム委員会に提出し評価することになっております。 私たちは6年目以降を後期研修と位置付けております。産婦人科専門医取得後にいよいよ第一線での責任を負った医療業務にあたります。概ね6~7年目の間に少なくとも1年間は大学病院での研修を行い、中期研修による到達度を確認、補完し、またさらに専門的な診療能力を取得します。この期間までに専攻医研修から積み重ねた、産婦人科の基本的な全領域すなわち産科、婦人科、生殖医療、更年期医療(ウイメンズヘルスケア)の経験をもとに産婦人科subspecialty領域の専門医取得の準備を開始します。

 8~10年目は各研修医の希望に応じて、産科・婦人科・生殖医療を扱う専門医取得を目指します。また臨床的あるいは基礎的な研究を行ない、積極的に学会活動に参加していただきます。学位取得等の進路に対して柔軟に対処するとともに、希望者には海外留学への道を開きます。さらに、指導医として初期研修医・産婦人科専攻医の指導にあたり、臨床的に責任を負います。
 

取得できる専門医・認定医

日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会指導医、日本周産期・新生児医学会(母体・胎児)専門医、臨床遺伝専門医、日本周産期新生児医学会新生児蘇生法専門コースインストラクター、日本生殖医学会生殖医療専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本癌治療認定医機構がん治療認定医、検診マンモグラフィー読影医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本更年期医学会専門医、抗加齢医学会専門医、医療リンパドレナージセラピスト
 

教育研修施設(日本産科婦人科学会認定研修施設)

北海道大学病院、天使病院、市立札幌病院、札幌厚生病院、北海道がんセンター、北海道社会保険病院、KKR札幌医療センター、手稲渓仁会病院、砂川市立病院、旭川厚生病院、苫小牧市立病院、王子総合病院、八雲総合病院、函館中央病院、帯広厚生病院、釧路赤十字病院、網走厚生病院
 

研修プログラム(フローチャート)


研修プログラム(フローチャート)
 

科長からのメッセージ

 女性が社会の中でますます重要な地位を占めるようになり、生命を育み、出産し、育児をおこなうという女性の健康管理、疾病予防および治療を担う産婦人科医の役割はますます大切になってきています。このような時代の中で充実した医学教育を行い、若い医師の研修を実りあるものにし、医学に貢献する研究を行い、患者さんに健康についての正しい知識と良質の医療を提供し、また社会に女性の健康管理についての啓蒙を行うことは、われわれに与えられた名誉ある使命です。皆様が「女性と母性のヘルスケア・プロフェッショナル」としての役割に関心を持って下さることを期待しております。
 
北海道大学病院婦人科 教授 櫻木 範明

妊娠成立・分娩は新しい個人の出発点です。わたしどもは個人の出発点に深く関与できることを嬉しく思っています。いきいきとした明るい未来を感じさせる「こども」、その誕生に深く関われる産科を担当していることに大きな誇りを感じています。この誇りを多くの方と共有したく、一人でも多くの医師に産婦人科医を目指して欲しいと思い、考えられる点について真摯に反省し、もっと魅力ある職場となれるようみんなで努力しています。産婦人科に興味をお持ちの医学生・研修医の方、どうぞ躊躇せず私どもの門をたたいて下さい。
 
北海道大学病院産科 教授 水上 尚典

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る