ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  初期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  病理診断科

病理診断科

北海道大学病院病理診断科および北海道大学大学院医学研究科・分子診断病理学分野では、医療現場に大きく貢献する、広いバックグラウンドと高い専門性、そして常に診断学を追求する姿勢を併せもつ病理診断専門医の育成をめざしています。

研修内容と特徴

北大病院
卒後研修プログラム
病理診断科
研修プログラム
おもな研修施設 大学院
在学可能期間
1年 卒後臨床研修(前期) 基本研修
2年 選択研修(病理診断) 北大病院
3年 後期臨床研修 病理専門医研修 北大病院 在学可能
4年 北大病院または
院外研修
5年

北大病院または
院外研修

6年 北大病院または
院外研修
7年 高度専門研修 北大病院または
院外研修
8年
9年
10年

後期研修との連携

卒後3年目では原則として北海道大学病院病理診断科での基本的診断技能の修得、卒後4~6年目では、北海道大学病院もしくは関連教育施設における院外研修を行います。この期間、分子診断病理分野の大学院生としても活動することをお勧めします。

取得できる専門医資格

  • 病理専門医(日本病理学会認定)
  • 細胞診専門医(日本臨床細胞学会認定)
  • 死体解剖医資格

DATA

研修担当者 畑中 佳奈子
E-mail kyanack*patho2.med.hokudai.ac.jp(*を@に変えてください)
URL http://www2.huhp.hokudai.ac.jp/~patho-w/

ページの先頭へ戻る