ここから本文です。

腫瘍内科

腫瘍内科は消化器癌,肺癌,原発不明癌など臓器横断的な固形癌に対する薬物療法を専門とした診療科です。更に、診療科を超えたチーム医療を推進して、放射線療法や外科療法を加えた集学的治療を図るコーディネーターとしての役割を担い、最善の治療を提供することを目指しています。
 

研修内容と特徴

臓器横断的な悪性腫瘍の診断、治療(薬物療法や化学放射線療法)を通して、内科における基本的な臨床能力を身につけます。悪性腫瘍は様々な合併症や治療の副作用が伴い易く、その対処や全身管理を学べます。病棟の複数の担当医による指導や、グループカンファレンス・教授回診での症例提示などを通して、深く症例を勉強します。
 

後期研修との連携

初期研修後、当科関連病院での内科研修または北大病院での後期研修(内科ローテーション)を経て、腫瘍内科の専門研修に入ることを推奨しています。直接専門研修を希望する方はご相談下さい。

専門研修ではがん薬物療法、集学的治療を中心に、診断学(放射線、内視鏡、病理診断)、臨床試験、支持療法、緩和医療などを研修します。関連病院の協力により消化器内科研修も可能です。
 

取得できる専門医資格

  • 内科
  • がん薬物療法
  • 臨床細胞診
  • 消化器など(消化器は関連病院での研修が必須)

DATA

直通電話 011-706-5551
内線 5551
研修担当者 木下 一郎
E-mail kinoshii*med.hokudai.ac.jp(*を@に変えてください)
URL http://medicaloncology.med.hokudai.ac.jp/

ページの先頭へ戻る