ここから本文です。

整形外科

整形外科の臨床能力を高いレベルで幅広く習得できる充実した研修体制を有すると共に、再生医学・組織移植などの最新の基礎研究や高度先進医療を国際的レベルで展開しています。初期研修においては運動器(筋骨格神経)系疾患の病態、診断、治療についての基本を習得し、基本的検査手技や手術方法について理解を深めることを目標にしています。
 

研修内容と特徴

上肢疾患、下肢疾患、脊椎疾患、骨軟部腫瘍の病態、治療方法の選択、術後管理などの治療を系統だって理解を深めます。乳児の四肢先天奇形から高齢者の退行性疾患まで、巾広い年齢層の運動器疾患(筋・骨・腱・神経)・スポーツ障害のみならず、スポーツ外傷、開放骨折や四肢切断、急性脊髄損傷などの救急外傷に対する基本治療についても自ら携わり技術の習得と知識の整理を行います。また運動器疾患全般の病態、治療方針、実際の治療方法などについて当科独自でまとめたテキストブックである北大MOOKに沿って研修を行っています。実践に役立つ有効な情報がコンパクトにまとめられており、実際の臨床研修とあわせて学習することにより、整形外科専門医としての必須な知識・治療体系を系統的に学習できます。
 

後期研修との連携

初期研修で整形外科を選択科目として研修すると、後期研修開始時より研修病院や大学院への進学が可能であるため、奨励される。後期研修前半4年の目標は日本整形外科学会専門医の取得である。
 

取得できる専門医資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • スポーツ認定医
  • リウマチ認定医
  • 日本脊髄脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
  • 内視鏡認定医
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医
  • 日本手の外科学会専門医
  • スポーツ医(日本整形外科学会、日本体育協会、日本医師会)

DATA

直通電話 011-706-5936
内線 5936
研修担当者 松井 雄一郎
E-mail hokudaiorthop*med.hokudai.ac.jp(*を@に変えてください)
URL http://www.hokudaiseikei.jp/

ページの先頭へ戻る