ここから本文です。

乳腺外科

平成24年4月に新設された乳腺外科は、乳癌を診療の中心としています。
乳癌は現在、日本人女性において1990年代後半から癌の罹患率の第一位となり増加の一途をたどっています。
旧国立大学では、乳腺外科が独立した講座、診療科を持つところは全国でもまだ数か所しか存在しません。北海道では北海道大学病院が唯一です。
 

研修内容と特徴

乳腺疾患の診療に必要な基本的技術(マンモグラフィ読影、エコー、マンモトーム生検、乳癌の手術、センチネルリンパ節生検など)を習得します。
また、乳癌の診療(予防、診断、治療;薬物療法、手術療法など)に携わりながら、腫瘍学の基礎を幅広く研修することが可能です。
 

後期研修との連携

乳腺外科は、外科系講座統合研修(外科オールラウンド研修)の一診療科として、外科専門医を取得するための研修を行います。
外科専門医を取得後、乳腺専門医が最短コースで取得可能です。
 

取得できる専門医資格

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医
  • 検診マンモグラフィー読影認定医
  • 日本内分泌外科学会、日本甲状腺外科学会 内分泌・甲状腺外科専門医
  • 日本癌治療認定医機構認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医

DATA

直通電話 011-706-7381
内線 7381
研修担当者 馬場 基
E-mail breast*huhp.hokudai.ac.jp(*を@に変えてください)
URL http://www2.huhp.hokudai.ac.jp/~breast-w/

ページの先頭へ戻る