ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  初期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  循環器・呼吸器外科

循環器・呼吸器外科

循環器・呼吸器外科で扱う疾患は、後天性心疾患(心不全、弁膜症、不整脈、冠動脈)、先天性心疾患、大動脈疾患(ステント-グラフトを含む)、末梢血管疾患(動脈・静脈・リンパ管)等です。特に重症心不全の外科治療では第一線の手術を行っています。クリティカルケアから社会的背景の理解まで、全人的な修練が求められます。
北大病院ではそれぞれの領域でspecialistが診療に当たっています。最先端の医療に接し、up to dateな知識と技術を身につけてください。
 

研修内容と特徴

外科はチーム医療です。医師・パラメディカルとも目標を共有し、各自の立場や専門性を理解・尊重することが必要です。また心臓血管外科手術は、個々の手技にそれぞれ理論的根拠があり、習熟度に応じて結果もはっきりと現れます。研修ではチーム医療の中で各自の習熟度に応じて与えられた役割をこなしながら、各領域の最先端の治療に接し、必要な知識と技術を習得することになります。初期研修2年間は疾患・病態の理解、呼吸循環管理、外科基本手技を身につけていただきます。
 

後期研修との連携

後期研修では、5年目までの3年間をI期、9年目までの4年間をII期と位置づけ、さらに12年目までの3年間(III期)で各自の専門性を獲得することを目標とします。前期研修で循環器外科を選択していただくことにより、前期研修を外科専門医および心臓血管外科専門医修練のプログラムに組み入れることができ、効率的な研修が可能となります。
 

取得できる専門医資格

  • 外科専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 循環器専門医
制度上の最短コースでは、外科専門医は卒後5年、心臓血管外科専門医は卒後7年で取得可能ですが、現実的な目標としては、外科専門医を後期研修I期終了時点で取得し、心臓血管外科専門医を後期研修II期終了時点で取得して頂きたいと考えています。

DATA

直通電話 011-706-6041
内線 6041
研修担当者 樋田 泰浩
E-mail yhida*med.hokudai.ac.jp(*を@に変えてください)
URL http://www2.huhp.hokudai.ac.jp/~surg-cvw/

ページの先頭へ戻る