ここから本文です。

皮膚科

 皮膚科医には皮膚疾患の知識はもちろんのこと、内科的知識、外科的技術、病理診断能力が必要とされ、すべてを総合的に評価する必要があります。このように専門性がはっきりとしていて、診断学・内科的全身管理・外科・病理と幅広い分野に関わることが可能であり、QOML(Quality of My Life)が高い(自分の時間が作りやすい、訴訟が少ない)という理由から、今やヨーロッパやアメリカで一番人気がある科は、実は皮膚科なのです。皮膚科は高度な医療機器がたとえなくとも、自分の目と顕微鏡一つさえあれば診断が可能なのが魅力の一つです。どんなに医療後進地域に行ったとしても貴方の力を充分に発揮できるのも皮膚科なのです。
 

研修内容と特徴

 当教室は皮膚科専門医資格を取得できるために必要な研修プログラムを十分に整備しております。日本のみならず、世界にも通用する高い臨床能力のある皮膚科専門医の育成を行っています。当然北大病院で初期研修を受けられた方も、北大病院以外で初期研修を受けられた方も、出身大学や国籍、性別に関係なく、分け隔てなく教育・指導を行います。できる皮膚科臨床医になりたいという皆さんの入局をお待ちしております。

誰でも一流になれます

 北大皮膚科の研修システムの最大の特徴は誰でも一流になれることを意識した教育システムです。スタッフだけが指導するのではなく、自分の教わったことはすべて後輩に指導するよう、教室員全員で心がけています。世界レベルで活躍する先生からの直接指導だけでなく、数年先輩の先生がしっかりとついて、手取り足取り指導するシステムが構築されています。
特に新人研修は充実しており、基本的な診断方法から、カルテの書き方、薬の処方の仕方、各治療機器の使い方、写真の取り方まで細かく習得することが可能です。
論文作成に関しても同様であり、論文を書いたことがない人であっても、英語が苦手な人でも、誰でも一流雑誌に投稿しても恥ずかしくないような論文が書けるよう、添削システムを効率化し、ネイティブチェックも必ず行います。
さらに、英語発表に関しても、当科でネイティブスピーカーによる研修医のためのプライベート英会話レッスンを用意してあり、たとえ自信がなかったとしても、自然と英会話能力を身につけることが可能になっています。

幅広いニーズにも対応可能

 皮膚科医といっても各々イメージする姿は異なります。地域で開業する者、日々手術をこなす者、病理組織を研究する者、大学病院で臨床研究を行う者など。 北大皮膚科はその幅広いニーズにこたえることが可能であり、卒後4年目以降はオーダーメード研修システムを採用しており、各人の目指す皮膚科医の姿の実現のために必要な研修を各自が積むことが可能です。

北大皮膚科の研修は厳しいのでしょうか

 ここまでの話を聞くと北大皮膚科での研修は非常に厳しいのではないかと思うかもしれません。北大皮膚科は、やるときはしっかりやり、効率的に業務を行うことを目標にしています。「働くときはしっかりと働く、休むときはたっぷり休む」という考えが当科の基本方針です。北大皮膚科では医員は原則年6週間の休暇を100%消化することを推奨しており、多くの先生はその長期休暇を利用し、海外旅行に出かけたり、自分の趣味を楽しんだりとリフレッシュを大いに行っています。
このリフレッシュのための時間が、また休暇後の効率のよい業務へとつながっています。
 

取得できる専門医・認定医

日本皮膚科学会専門医
 

教育研修施設

市立札幌病院、札幌鉄道病院、函館中央病院、KKR札幌医療センター、斗南病院、札幌社会保険総合病院、帯広厚生病院、市立釧路総合病院、市立千歳市民病院、苫小牧市立病院、岩見沢市立総合病院、江別市立病院、市立小樽病院、滝川市立病院、北海道中央労災病院せき損センター、八雲総合病院、静仁会静内病院、函館共愛会病院、新日鐵室蘭総合病院、三愛病院
 

研修プログラム(フローチャート)


研修プログラム(フローチャート)
 

科長からのメッセージ

 皮膚科学は、皮膚に病変がある疾患全てをあつかう「眼で見える」General Medical Scienceです。したがって皮膚科医には皮膚疾患の知識はもちろんのこと、内科的知識、外科的技術、病理診断能力が必須です。 北大皮膚科の臨床研修の基本理念は、だらだらと研修するのではなく、有意義な研修をするということを目標にしています。短い時間に効率よく学ぶということが大切です。時間のゆとりを持ちつつ、高いレベルの臨床研修を行えるということが一番のセールスポイントです。高い臨床レベルの医師になりたい方、お子さんの出産を通じながらも、皮膚科の臨床を続けたいと思っている女医さん、また、北大皮膚科で臨床研究もして世界の皮膚科のリーダーとなりたい方、多様な目標の持った方に最適な教室です。 皆さん、ぜひ北大皮膚科で一緒に学び、楽しく働きましょう!

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る