ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  初期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  消化器内科

消化器内科

消化器内科は消化器疾患の診療と研究をおこなっています。現在、消化器内科には肝臓、消化管、胆膵、化学療法、炎症性腸疾患の5グループがあり、消化器内科の全ての領域をカバーできる体制となっています。消化器内科の最先端の診断、治療を行っていることはもちろん、多くの自主臨床研究、治験を行っており北海道から世界へ向けて情報を発信し続けています。研究面では臨床医の視点に基づいた、臨床研究者にしかできない切り口で病態の解明、新規治療法の開発を目指しています。特にC型肝炎ウィルス、ヘリコバクター・ピロリ感染消化器癌薬物療法に関する研究で目覚ましい成果をあげています。医学教育においては、基本的な知識、技術の収得はもちろんですが、優れた人間性をそなえた総合消化器内科医を育てることを最大の目標に置いています。
 

研修内容と特徴

消化器分野は、内科疾患に於いて最も頻度の多い分野ですが、内視鏡、エコー、CT等による診断、治療手技を行っています。手術症例については外科との連携も活発に行われています。また、手術不能の進行期消化器悪性腫瘍に対しての化学療法も積極的に行われています。消化器疾患に対しての総合的な診断能力、治療計画を研修します。研修期間には、科内で行われる症例検討会や研究会を通して、配属グループ以外の、消化器疾患に対しての、最新の知識を得ることができます。
 

後期研修との連携

当科の一貫した研修システムにおいては、道内各地に広がる、教室関連病院と連携することで、内科医としての基本的なスキルを身につけた上で、総合消化器内科医、腫瘍内科医を養成します。また卒後5~6年目に大学院に進学すると、学問的視野から、様々な疾患にアプローチが出来る学究的思考能力も得ることが出来ます。当科での研修では、卒後約10年で、臨床能力を有し、学問的視野に立った指導能力を身につけた、全人的医師の育成を目標としています。
 

取得できる専門医資格

  • 内科学会認定医
  • 専門医
  • 消化器病学会専門医
  • 消化器内視鏡学会専門医
  • 肝臓病学会専門医
  • がん薬物療法専門医
  • Infection Control Doctor
  • 日本大腸肛門病学会専門医

DATA

直通電話 011-716-5920
内線 5920
研修担当者 結城 敏志
E-mail satoshi-yuuki175*joy.ocn.ne.jp(*を@に変えてください)
URL http://halo.med.hokudai.ac.jp/~ge/

ページの先頭へ戻る