ここから本文です。

泌尿器科

 泌尿器科は、副腎・泌尿生殖器(腎・尿管・膀胱・男性性器)を対象とし、手術的治療を中心に診療を行っています。近年の人口の高齢化、より良い生活の質を求める社会的意識の変化により泌尿器科疾患の患者数は確実に増加しています。北海道大学腎泌尿器外科学教室では、泌尿器疾患全般に対してプライマリーケアから先進的な医療まで対応することを目標とし、泌尿器科一般診療の他、小児泌尿器科、腎尿路性器腫瘍、下部尿路機能障害・女性泌尿器疾患、腎移植の各専門医療グループ(サブスペシャリティ)による診療を展開し、また研修医への指導を行っています。当教室は日本泌尿器科学会認定の専門医および指導医の資格を取得し、高い臨床能力と研究能力をもつ泌尿器科医を育成するために必要な研修プログラムを用意しています。
 

研修内容と特徴

 北海道大学腎泌尿器外科学教室では、4年間の中期研修にて泌尿器科疾患の診断治療に広く通じた泌尿器科専門医となるよう、さらに5年間の後期研修にてより高度な専門治療にも通じ次世代を育成できる泌尿器科指導医となるよう研修教育を行っています。

  • 中期研修(卒後3—6年)
    日本泌尿器科学会卒後研修ガイドラインに沿い、2年は関連教育認定施設において複数の泌尿器科医による指導の下に、1)泌尿器科基本手術の習得、2)術前術後管理の習得、3)泌尿器科的検査・外来診療の習得を目指します。残りの2年は大学と緊密な連携をとりながら、1)―3)の更なる研鑚を重ね、6年目修了時には泌尿器科専門医資格の取得を目指します。
  • 後期研修(7−11年)
    中期研修修了時には自立した泌尿器科専門医として、みなさまの健康維持のお役に立てるようになりますが、さらにレベルの高い医療が施せるよう5年間の臨床修練、または大学院に進学して専門分野での研究を含む研修を用意しています。

 臨床修練コースでは、臨床的に的確な判断力を養うこと、大きな手術(腎悪性腫瘍手術、膀胱全摘+尿路変向、前立腺全摘術など)を経験し、その術式を理解し施行できるようになることを目標に、北大病院1年および関連病院4年の修練をします。大学院コースでは、(1)泌尿器腫瘍学、(2)下部尿路機能・女性泌尿器科学、(3)小児泌尿器科、(4)腎移植・血管外科学、(5)内視鏡外科学などの分野での基礎研究を行い、泌尿器科専門分野をもった医師となるべく修練をします。いずれのコースにおいても、次世代の医師を責任もって教育できるような指導医となることを目標とし、11年修了時の指導医取得を目指します。

 その後は、泌尿器科専門医として関連病院で活躍することになりますが、特に学位取得者については、希望により海外への留学や、大学でスタッフ・準スタッフとして研究・臨床を行うことなどができます。
 

取得できる専門医・認定医

泌尿器科専門医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医・日本透析学会専門医・小児泌尿器科学会認定医・腎移植認定医・日本がん治療認定医
 

教育研修施設

市立札幌病院 北海道がんセンター 札幌厚生病院 恵佑会札幌病院 KKR札幌医療センター 手稲渓仁会病院 札幌社会保険総合病院 仁楡会病院 北海道泌尿器科記念病院

函館中央病院 苫小牧市立病院 市立小樽病院 江別市立病院 岩見沢市立総合病院 旭川厚生病院 旭川市立病院 名寄市立総合病院 帯広厚生病院 網走厚生病院 市立釧路総合病院 釧路労災病院
 

研修プログラム(フローチャート)


研修プログラム(フローチャート)
 

科長からのメッセージ

 内科・外科の基本から、救急や地域医療など幅広い研修をしている皆さんは、今後の自分の進むべき道を見通した形で後期研修へのステップを踏むことになります。その路の一つとして、皆さんの前途有望な未来を是非北大泌尿器科で生かしてください。当科では、単なる専門医習得のための通り一遍の研修ではなく、人間性/倫理性(humanity)を研くとともに、国際的に通用する最先端の知識と技術の習得を視野に、我々と皆さんが一丸となってプログラムを実行するように考えております。中・後期研修では、地域あるいは市中の病院で展開されている一般泌尿器科を習得することはもとより、最新の分子生物学的な知識・手法を用いた診断技術や内科的治療を中心とした医療の展開、あるいは高度な外科的手技を駆使した治療の推進を目指すことが可能です。決めるのは皆さん自身です。将来の北海道・日本の医療を担う強くたくましい医師(女性医師も大歓迎です)となるべく、我々と一緒に研修致しましょう!

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る