ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  歯科医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  歯科麻酔科

歯科麻酔科

北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座歯科麻酔学教室ホームページ
http://www.den.hokudai.ac.jp/masui/index.html

ごあいさつ

当科の業務は、手術部における口腔外科手術の麻酔管理と、歯科麻酔専門外来での診療とに分かれます。

手術部での管理

手術侵襲の大きな口腔外科手術時の全身麻酔などの管理を行っています。

歯科麻酔専門外来での診療

歯科麻酔専門外来では、以下のような患者さんに、全身麻酔、静脈内鎮静法、亜酸化窒素(笑気)吸入鎮静法など様々な方法を用いて、恐怖や不安なく円滑かつ安全に歯科治療が行えるようにしています。

  • 恐怖感や不安感が強く歯科治療が受けられない方。異常絞扼反射(歯科治療時にオエッとなる)がある方
  • 高血圧、心臓病などの全身的な病気があり、歯科治療によってそれらの病気が悪化する心配のある方
  • 精神遅滞、自閉症、脳性麻痺などのため、意識下での歯科治療が困難である方
  • 埋伏智歯(いわゆる親知らず)抜去など、局所麻酔のみでは肉体的精神的負担が大きいと考えられる歯科治療を行う方
  • 歯科用局所麻酔薬使用時にアレルギーなど異常な反応が起こる心配のある方

また、これらの歯科治療時の全身管理以外に、口腔領域に関連した痛みや麻痺の治療も行っています。

概要

診療体制

手術部では年間約450例、歯科麻酔専門外来では年間約800例前後の全身管理を行っています。

治療方針

患者さんの状態を的確に判断することが、円滑な歯科治療を進める上で重要です。簡単な抜歯であっても、必要であれば様々な検査を行う場合がありま す。また、内科などで治療中の患者さんであれば、主治医の先生と緊密に連絡を取り、患者さんの全身状態を把握した上で歯科治療を行います。場合によっては 他の診療科を受診していただく場合もあります。

口や顔の痛みや麻痺の治療の場合は、脳神経外科や耳鼻科などの受診が必要なこともあります。

診療分野

歯科治療時あるいは口腔外科手術時の全身管理ならびに顎顔面の疼痛や麻痺の治療

診療時間

初診受付:午前8時30分~午前12時(予約制)※午後の初診をご希望の方はご相談ください
再診受付:午前8時30分~午後4時(予約制)
診療時間:午前9時~午後5時

診療日:月曜日~金曜日
休診日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始の休日

*お問い合わせは、歯科手術センター 電話:011-706-4345,4451(午前9時~午後5時まで)

その他

お問い合わせは下記までどうぞ
hu-da@den.hokudai.ac.jp

担当歯科医師

職名 氏名 専門分野 所属学会・指導医・認定医など
科長(教授) 藤澤 俊明 歯科麻酔学 日本歯科麻酔学会指導医
日本歯科麻酔学会専門医
日本老年歯科医学会専門医・指導医
外来医長(講師) 亀倉 更人 歯科麻酔学 日本歯科麻酔学会専門医
日本障害者歯科学会指導医
日本有病者歯科医療学会指導医
手術部チーフ
(助教)
木村 幸文 歯科麻酔学 日本歯科麻酔学会専門医
日本老年歯科医学会指導医
日本障害者歯科学会認定医
上記の他 日本歯科麻酔学会専門医2名
日本歯科麻酔学会認定医1名
日本老年歯科医学会指導医1名
日本障害者歯科学会認定医1名
   (重複あり)
 

主な検査・設備

検査

循環器

心電計

末梢神経機能

ニューロメータ

設備

  • 全身麻酔器
  • 亜酸化窒素吸入鎮静器
  • 各種モニタ
  • 鍼治療器

診療実績

手術部(2011年実績)

管理症例数

  • 全身麻酔 432
  • 静脈内鎮静法 16

歯科麻酔科(2011年実績)

新患数 953

管理症例数 823

  • 全身麻酔 197
  • 静脈内鎮静法 600
  • 笑気吸入鎮静法 6
  • モニター監視 19
  • その他 1

全身麻酔管理理由(重複あり)

  • 侵襲大 127
  • 非協力 53
  • 歯科恐怖症 32
  • 幼少 38
  • 異常絞扼反射 11

非全身麻酔管理理由(重複あり)

  • 侵襲大 377
  • 内科など合併症増悪防止 193
  • 歯科恐怖症 249
  • 非協力 24
  • 異常絞扼反射 48
  • 局所麻酔薬などアレルギー疑い 14
(2014年4月1日)

ページの先頭へ戻る