現在のページ 臨床研修センター >  研修医の学術活動 >  1年目研修医・杉本達哉先生が、第一内科研修終了時の症例発表を英語で行いました。

1年目研修医・杉本達哉先生が、第一内科研修終了時の症例発表を英語で行いました。

2011年1月17日 22時8分【カテゴリ:学会発表

第一内科では、研修終了時に受け持ち患者さんの症例に関して、研修医がプレゼンテーションすることになっています。

杉本先生は、得意の英語でプレゼン資料を作成し、流暢な英語でプレゼンテーションを行いました。

もちろん、第一内科指導医とのディスカッションも英語で行い、あたかも国際学会のような雰囲気でした。

数年後には、本当に国際学会で活躍しているのでしょうね。

杉本先生、期待しています!

Pulmonary Hypertension Associated With VSD (プレゼン資料) ←クリック!

ページの先頭へ戻る