ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

看護部の理念と方針

看護部長挨拶

認定看護管理者  看護部長 高橋久美子
副病院長 看護部長 
認定看護管理者
高橋久美子

  
 北海道大学病院は、日々新しい医療、高度急性期医療を提供しています。
その中で看護部は、「患者・家族の意思を尊重した看護を実践する」ことを
理念とし、「患者参加型看護」の実践に取り組んでおります。患者さんがどう
生きたいと考えているのか関心を持ち、その生き方から人生を学ぶ機会に触れ、看護のやりがい、楽しさを学べる環境を整えております。


超高齢化が進むなか、専門的な医療を受け地域に帰られる患者さんが、病気と共存しながら地域で暮らしていけるよう地域連携を進めており、看護に求められる役割が多様になってきております。そのため、看護部では様々な教育プログラムを準備し、成長支援をおこなっております。

四季の変化を感じながら、患者さんともに歩む看護をしてみませんか。お待ちしております。

 

 

 

理念

  1. 患者・家族の意思を尊重した看護を行います
  2. 社会の要請に対応した看護を行います
  3. 看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します

方針

  1. 患者参加型看護の実践
    患者の意思を尊重し、医療をうける自らの目的を選択・達成できるように、看護の全てのプロセスを開示・説明し、合意形成を図りながら患者中心の看護をおこなう
  2. 看護職の成長への相互支援体制
    医療の進歩、社会の要請に対応できる専門職業人として能力を維持・開発できるよう、職場環境を整える
  3. 自由な中での新しい看護の創造
    より質の高い看護が提供できるよう、最新の知見を活用して看護を実践するとともに、新たな専門的知識・技術の開発に努める
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー