ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

先輩メッセージ

所属:泌尿器科/腫瘍内科病棟(入職年:2019年)

北海道大学 医学部保健学科卒
 
 

私は最先端の医療に触れながら患者さんの言葉に耳を傾け、そばに寄り添う看護を身に付けたいと思い入職を決めました。
 私の部署は混合病棟のため、幅広い年代の患者さんに対する外科・内科両方の看護を学ぶことができます。そのため必要な知識や技術も多岐に渡りますが、研修や学習会が充実しており、部署内外で丁寧に教育していただいていると実感しています。
悩みや不安もありますが、頼れる先輩方や同期をはじめ、患者さんからの温かい言葉に支えていただきながら着実にステップアップできる職場環境です。

所属:脳神経外科/神経内科/歯科病棟(入年:2019年)

北海道医療大学 看護福祉学部卒
 
 
 私は将来的に、集中治療や救急看護領域を専門分野とするか、大学で教員になりたいと考えています。これらのことを考えた時に、当院であれば個人の目標に合わせたキャリアアップを支援する体制が整っていると思い、入職を決めました。
  私の病棟では、それぞれの看護師の成長に合わせて課題を設定し、クリアできるように指導を受けられるため、日々の成長を実感でき、そこにやりがいを感じながら働くことができています。




所属:内科Ⅱ/血液内科病棟(入職年:2018年)

北海道大学 医学部保健学科卒
 
 
 患者参加型看護に魅力を感じ入職を決めました。
所属する病棟は内科Ⅱと血液内科の混合病棟で、慢性的な経過を辿る方やセルフケアが必要になる患者さんが多くおられます。
その中で少しでも患者さんの思いに耳を傾け、
寄り添いながら看護を実践している先輩の方を見て日々刺激を受けています、私も実践する中で少しずつやりがいを感じているところです。
1年目は得意に覚えることが多く大変でしたがプリセプターシップや実践的な研修が充実しており、認定・専門看護師の先輩から看護を学べる機会もあるため看護師として常に成長できる環境だと思います。

所属:がん患者サポート(入職年:1998年)

名寄短期大学部卒
 
 「卒後教育の充実」この言葉に魅力を感じ入職しました。20代は沢山の失敗を重ねましたが患者さんからの温かい言葉や悩みを相談できる上司や先輩、同じ志を持つ仲間がいたから続けることができました。
また、子供の発熱で仕事に穴をあけなければならない葛藤も、上司の理解や同じ境遇の仲間の支えがあり、病院では専門職として、家庭では母としての役割を果たすことができました。

 現在は、がんゲノム医療看護に挑戦中です。ここは、どの年代でも「やりたい」を応援してくれる環境があります。そして、自分のライフを大切にしながら、仲間と共に看護を語り合い、患者さん家族に寄り添った看護ができるようになるやりがいにあふれた職場です。
是非、私たちと一緒に北海道大学病院で看護をしましょう。

所属:循環器内科/循環器・呼吸器外科 副看護師長(入職年:2010年)

弘前大学 医学部保健学科卒
 

 今年度から副看護師長となり、部署内の教育、指導に携わることが多くなりました。
北大病院は北大版看護実践能力開発ラダーに沿った教育プログラムや研修など、看護師として学び成長していける環境が整っていることが大きな魅力だと思います。
 私が働いている病棟では、昨年度より循環器・呼吸器外科と循環器内科が一緒になりました。外科・内科それぞれの特徴的な看護を学ぶことができ、循環器を中心としたフィジカルアセスメントも身につけていくことができます。
皆さんも私たちと学びながら、楽しく一緒に働きましょう。

 
 

所属:内科Ⅱ/血液内科病棟 看護師長(入職年:2004年)

国立函館病院付属 看護学校卒
 
 
当科では慢性経過を辿る患者さんが多く、患者さん自身が疾患を理解し退院後もセルフケアを継続できるように支援していくことが必要です。患者さんが抱える様々な思いに寄り添い、共に考えて実践する看護を大切にしています。
看護師長として患者さんが安心して療養生活を送れるよう整えるとともに、退院後の生活への不安を少しでも緩和できるような看護提供を目指しています。
また、看護職員1人1人の個々を大切にしてお互いが成長できる環境を大切にしています。

 

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー