ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

地域医療連携福祉

専門性の高い4つの看護チームが協働し、患者さん・ご家族のケアを繋ぎ、多方面からサポートしています。

入退院センター

患者さん・ご家族が安心して入退院を迎えられるよう情報提供と相談を行っています。

看護実践                              1.入退院に関する基本的な情報提供と相談           
2.他部門との連携・調整
3.入院日と注意事項の連絡
4.入院当日の感染症状チェック



地域医療連携福祉センター

患者さん・ご家族が病気を抱えながらも自分らしい生活ができるように、一緒に
考え、多職種と共同で支援します。院内外の医療関係者と連携を図り、相談・調整を行います。

看護実践

1.療養場所に関する意思決定支援                 
2.在宅療養調整・転院における関係医療機関・
多職種との連携・調整
3.がん相談                                



化学療法部

外来通院中の患者さんに対し、「安全・安楽な治療の実施」「個別性のある看護」
「医療チーム内の連携」の3つの柱を大切に、
化学療法を行っています。


看護実践

1.安全・確実な投与管理
2.有害事象に対する予防と対処
3.患者・家族へのセルフケア支援

4.患者の意思決定支援
5.チーム医療による患者・家族へのサポート

緩和ケアチーム

入院中・外来通院中の患者さん・ご家族のQOLの維持・向上を目指して、治療と並行
して早期から緩和ケアの提供を行っています。


役割

1.緩和ケアコンサルテーション
・症状緩和        ・精神的支援
・エンド・オブ・ライフ・ケアにおける意思決定支援 
・倫理的側面からの助言
2.職員への緩和ケアの教育・サポート
3.地域の緩和ケアネットワークとの連携



 

外来新棟

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー