ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

新人看護職員研修

北海道大学病院看護部は新人看護職員研修ガイドライン及び、北海道大学病院新人看護職員到達目標に基づき、新人看護職員研修プログラムを実施しています。看護実践の基礎を形成し高度先端医療に対応できる実践能力の育成に向け、組織全体で成長を支援します。

 
 

北海道大学病院 新人到達目標

  1. 看護部の理念を理解し、社会人・専門職業人としての責任ある行動がとれる
  2. 看護技術を安全・安楽に提供できる
  3. チーム医療における自らの役割を果たせる
  4. 個別性のある看護が展開できる

組織全体での成長支援体制

 北海道大学病院では、新人看護職員が早期に職場環境に適応でき、知識・技術・専門職としての態度を習得する目的で、プリセプターシップをはじめとした、幾重もの支援体制を整えています。所属部署内では、身近なプリセプターとアソシエートナース、教育担当者がOJT(部署内教育)を実施します。また、Off-JT(部署外研修)として院内教育計画による集合教育、新人看護職員研修、多職種合同コミュニケーション研修、キャリア支援室による支援など、部署内外から組織全体で成長を支援する体制を整えています。

 専門家による看護職のメンタルヘルスサポート体制が整っています。「部署以外の人に相談してみたい」、「専門的な助言がほしい」と感じたときに、相談できます。

実践に結びつく豊富な研修内容

 組織人としてスタートラインにある新人看護職員のみなさんが、北海道大学病院を理解し、専門職として成長しながら生き生きと働くことができるよう研修を計画しています。
新人看護職員の共通の目標である、「新人到達目標」の達成に向けて、経験豊かな指導者が、原理、原則に基づいた看護技術を部署内外で指導します
2024年新任看護研修プログラム」2024年度北海道大学病院新人看護職員到達目標評価票」はPDF形式でダウンロードできます)
病院内の他の職種(研修医・薬剤師・理学療法士・放射線技師など)と共に研修を受ける機会があり、組織の一員としての自覚と多職種との連携が理解できます。
 病院内他職種や、北海道大学内外から講師をお招きし、看護実践していく上で必要な知識を学べます。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー