ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  後期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

 耳鼻咽喉科・頭頸部外科は、広く診断から治療まで行う内科系要素と外科系要素を有する科で、新生児から高齢者まですべての年齢層を対象に、聴く・嗅ぐ・味わうといった感覚器を始め、話す・食べるなどの生活を営むために必要な器官を扱います。そのため、腫瘍、炎症性疾患、アレルギー・自己免疫疾患を始め、聴覚・平衡・嗅覚・味覚・音声・嚥下・顔面神経の機能障害などの多種多様な疾患を診断し、治療までを一貫として行うことができる魅力ある診療科です。
 

研修内容と特徴

 後期研修は将来耳鼻咽喉科・頭頸部外科専門医を目指す入り口となりますので、まずは前述のような科の特性の下で外来診療および手術を含めた病棟診療をとおして、患者-医師の関係を確立する力、チーム医療、問題対応能力などを身につけていただきます。また耳鼻咽喉科・頭頸部外科は、聴く、嗅ぐ、味わうといった感覚器を始め、話す、食べるなどの人間が基本的生活を営むために必要な器官を扱います。これらの障害を有する患者と接する中で、患者の不自由さを理解し、医療人としての姿勢と態度をあわせて学んでいただきます。

 

 本研修課程の最終目標は高度な専門領域を具有する専門医を育てることですので、まず研修年度に応じて大学病院・関連病院等にて臨床トレーニングを積んでいただきます。その後、自分の専門領域を決めていだたくのがよいかと思います。また、基礎的・臨床的研究に従事し、さらには国内外の留学・大学院での研究などでさらに幅広い知識や考え方を習得することも可能です。 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医は最短6年で修得できます。またその後さらに日本気管食道科学会認定医、日本アレルギー学会専門医、癌治療認定医、頭頸部癌専門医などの取得も可能です。
 

取得できる専門医・認定医

●耳鼻咽喉科専門医
●気管食道科認定医
●日本アレルギー学会専門医 ●癌治療認定医 ● 頭頸部癌専門医
 

教育研修施設

市立札幌病院 札幌厚生病院 手稲渓仁会病院 北海道がんセンター 北海道医療センター 札幌社会保険総合病院 NTT東日本札幌病院 天使病院 函館中央病院 苫小牧市立病院 市立釧路総合病院 市立旭川病院
 

研修プログラム(フローチャート)


研修プログラム(フローチャート)
 

科長からのメッセージ

 研修医のみなさん、耳鼻咽喉科・頭頸部外科は頭頸部腫瘍に対する外科的治療から、めまい、聴覚などの神経学的疾患、アレルギー性鼻炎などの免疫学的疾患の治療まで幅広く扱うことができる診療科です。なかでも北大病院耳鼻咽喉科は頭頸部外科を中心として、全国的にも最先端の治療を行っています。また、私を含め、医局スタッフは医局の若い先生や学生と可能な限りコンタクトをとるように心がけており、臨床研修医の先生方の教育に力を入れております。

 幸いなことに、昨年は5名、本年度は6名の新入医局員を迎えることができました。 レベルの高い医療を行うにあたって、チームワークはもちろんのこと、マンパワーは必要不可欠のものであります。みなさんには北大病院耳鼻咽喉科のさらなるレベルアップの一翼を担っていただきたいと期待しております。

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る