ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  初期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  消化器外科II

消化器外科II

消化器外科Ⅱは消化器疾患を手術で治療する診療科です。良性疾患,悪性疾患共に手術治療の対象としていますが,特に難治癌の代表である胆道癌、膵癌の根治手術は全国屈指の治療成績を誇ります。また低侵襲手術としての内視鏡外科をいち早く取り入れ,胃癌や食道癌の分野では我が国における内視鏡外科のオピニオンリーダーでとして認知されています。更に、これまで導入が難しいとされた胆膵疾患においても多数の内視鏡手術手技を導入し学会報告してきました。
関連教育病院では一般外科手術全般から救急医療,ICU管理まで多岐にわたっての診療経験を積むことができます。
さらに研究部門では独自の実験施設を有し、癌関連遺伝子などの基礎的研究から癌ワクチンの臨床研究に至るまで、世界最先端の研究活動を行っています。
 

研修内容と特徴

消化器疾患に対する手術の術前・術後管理や、救急医療での初期治療から手術、ICU管理が研修の中心になります。
縫合や結紮、IVH挿入、血管ルート確保などの基本的手技は、OJT(on the job training)に加えて、基本知識の講義とシミュレーターによる模擬練習も行いますので、実際の患者さんにもスムーズに実行できるようになります。
受け持ち症例には主治医団の一員として診療に加わり、カンファレンスでのプレゼンテーションを通じて、画像診断、手術適応、術式の選択とそれに伴うリスク・ベネフィットを理解してもらいます。I. C.への参加や病理診断と画像診断の対比を繰り返し学ぶことで将来、臨床医として活躍するための基礎をしっかり身につけてもらいます。
研修期間中にはスタッフDr.の丁寧な指導の元に、学会での症例報告を行い、それを論文にまとめるところまで指導しており、これまでも1年目の研修医が筆頭執筆者になった論文が学術雑誌に多数掲載されています。
 

後期研修との連携

自立した外科医を育成するのに必要な期間を初期研修の2年を含め合計12年と考えています。卒後臨床研修終了後は引き続き基本外科研修プログラムとして、卒後3~5年目は関連教育病院で、6年次は大学病院で研修しながら外科専門医の取得に必要な臨床経験を積みます。この後、希望に応じて大学院で学位を取得や、指導医を目指した臨床研修を行うといった一貫した卒後教育プログラムを設定しています。卒後臨床研修の2年間でプライマリ・ケアを身につけつつ、有効な外科研修の第一歩を踏み出すために、なるべく早く御連絡下さい。マッチング前でも構いません。
 

取得できる専門医資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本救急学会専門医 など

DATA

直通電話 011-706-7714
内線 5932
研修担当者 岡村 圭祐
E-mail keisukeo*huhp.hokudai.ac.jp(*を@に変えてください)
URL http://surg2-hokudai.jp/

ページの先頭へ戻る