ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  後期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  病理診断科

病理診断科

 北海道大学病院病理診断科は医療現場に大きく貢献する、広いバックグラウンドと高い専門性、そして常に診断学を追及する姿勢を併せ持つ、病理診断の専門医育成を目指しています。
 また、病理診断科の一員として、迅速かつ適正な診断や疾病への深い洞察をもって日常診療に貢献する傍ら、医学者として病理診断の精度向上に資する新しい診断技術開発や臨床病理学的研究を行い医学に貢献する姿勢を常に持ち続けてほしいと願っています。
 日常診断では北海道大学病院にて生検や手術が実施される患者さんの病理検体の診断を行います。必要に応じて免疫組織化学的手法や分子遺伝子学的手法による分子診断なども加味し、質の高い診断を目指しています。
 

研修内容と特徴

 3~6年目の後期研修期間では、病理専門医研修カリキュラムに沿って、外科病理診断・細胞診・病理解剖などの基本的診断技能・知識を学び、併せて症例報告を含めた論文発表や病理診断に資する学術研究を行います。
 外科病理診断においては、診断をもとに、関連診療科それぞれと多数のカンファレンスを行い、個別の患者さんの状態、あるいは疾病そのものに対する相互理解を深めます。
 病理解剖に関しては、医学研究科病理との連携により研修を実施します。
 主に4年目以降は関連教育施設において優れた指導医のもとで一定期間の院外研修を行うことで、大学病院では経験できない領域の病理診断や臨床病理を実践的に学びます。
 北大病院での研修中も各人の技能や希望に応じて関連教育病院での短期院外研修も可能です。
 6年目の研修が終了した時点で、日本病理学会認定病理専門医試験の受験資格が取得できます。
 また、病理診断に関わる疑問を自ら解決していくための技術や考え方を学ぶことを目標に、この研修時期の一定期間、特に後半の5、6年目の入学を目途に、医学研究科・分子診断病理分野の大学院生としての活動をお勧めしています。 後期研修期間が終了すると7~10年目の高度専門研修期間となります。この期間では、病理専門医資格および、細胞診専門医資格を獲得し、多くの場合は大学院生もしくは医療機関のスタッフとして研鑽を重ねつつ、各自の興味や施設状況に応じてさらに専門性を高めるための研修を行います。国内外の施設での研修も推奨しています。病理診断に寄与する研究や、スタッフとして後進に対する指導・教育を積極的に行い、加えて病理部門の運営に関する事項を学びます。
 

取得できる専門医・認定医

病理専門医(日本病理学会)
細胞診専門医(日本臨床細胞学会)
死体解剖資格
 

教育研修施設

国立がん研究センター、北海道がんセンター、北海道医療センター、市立札幌病院、KKR札幌医療センター、帯広厚生病院、恵佑会札幌病院、函館中央病院ほか(平成19年度以降実績)
 

研修プログラム(フローチャート)


研修プログラム(フローチャート)
 

科長からのメッセージ

 A doctor of doctors-私たち病理医はそう呼ばれています。病理医は、直接患者さ んに接する機会こそ少ないのですが、病変組織や細胞に様々な角度から切り込んで精 密に調べ、良悪性や原因、広がり、治療の標的となる生体分子の有無などの最終診断 を行います。その冷静な科学者の目をもって、またその向こうにある患者さんの人生 を思う熱い心をもって、あらゆる診療科を支えているのです。病理医の診断は、手術 範囲や治療方針など「パイロット」である臨床医の意思決定を左右する「管制塔」の 役割を果たしています。表舞台で脚光を浴びることは少なくても、優れた管制官とし てたくさんの臨床医達から信頼される喜び、一人の臨床医では不可能なほど大勢の患 者さん達に信頼のフライト(良質な医療や人生)を提供する達成感や責任感、またそ のための修練や研究を常に自らに課す楽しさとやりがいを、私たちと一緒に分かち合 いませんか?

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る