ここから本文です。

現在のページ 臨床研修センター >  後期医師臨床研修 >  各診療科の紹介 >  指導医からのメッセージ

指導医からのメッセージ

 本コースは、2011年度から北大病院後期研修プログラムに新たに設けられる、がん薬物療法専門医を育成するコースです。
 本コースでは、いわゆる入局という形をとらず、多科ローテート研修方式により、がん薬物療法の幅広い知識・技能・態度を身につけることができます。なお、本コース修了時には、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医の受験資格のほとんどを得ることができます。
 ぜひこのコースに参加し、経験豊富な指導医の元で経験を積み、明日の日本のがん治療を担う専門医となっていただきたいと思います。

コース内容の詳細:北大病院がん薬物療法専門医養成コース

指導医集合写真

写真:コース・コーディネーター腫瘍内科 秋田弘俊
 研修医のみなさん、北大病院がん薬物療法専門医養成コースで専門研修して、トップレベルのがん薬物療法専門医をめざしませんか。本コースでは、”How to care, how to cure”の精神で、知識・技能・技術に優れ、患者さんの心に配慮できる専門医の養成をめざしています。
 日本人の2人に1人が一生の間にがんに罹患する現在、がん薬物療法専門医のニーズがとても高まっています。こうした中、専門医を取得し質の高いがん医療を実現することを目標に、若い先生方が本コースで専門研修されることを期待しています。

写真:呼吸器内科・肺がんグループ 大泉 聡史
 がん患者さんの増加に伴って、がん治療を専門とする医師は注目されており、またそのニーズは確実に高まっています。がん治療認定医制度もありますが、より専門性に重点を置いたがん薬物療法専門医は大変重要です。
 北海道大学病院では、エビデンスに基づいた確固たる治療が各診療科で行われています。間違いなく素晴らしい研修になると同時に、症例要約に必要ながん症例も確実に蓄積されるでしょう。
 がん診療に興味があり一緒に勉強して下さる、情熱にあふれた先生方を心からお待ちしています。

写真:消化器内科・消化器癌治療グループ 結城 敏志
 研修医の皆さん、こんにちは。北海道大学病院でがん薬物療法専門医を目指してみませんか?
現在、日本人の2人に1人ががんに罹患する時代となり、きちんとした知識を身につけた腫瘍内科医が必要とされています。私は皆さんと同じ研修医の頃、数多くのがん患者さんの治療に携わる機会を得て、この道に進む決心をしました。
 私も2009年にがん薬物療法専門医を取得しましたが、その試験は各がん腫に対する広い知識が要求されるものでした。この養成コースは各主要臓器に対する化学療法を実際に各臨床科で研修することで習得することを目標にしており、がん薬物療法専門医の取得に直結する非常に有意義な研修と思います。
 臨床腫瘍学に興味のある皆さん、お待ちしております!

写真:血液内科 田中淳司
 研修医のみなさん、北大病院がん薬物療法専門医養成コースでは、血液内科にて血液疾患の化学療法さらには移植療法を学ぶことができます。血液疾患領域は、近年飛躍的に発展してきた遺伝子診断や分子標的治療などの最先端を担う分野の一つです。さらに造血細胞移植においてはミニ移植(RIST)、臍帯血移植(CBT)の登場により移植の選択の幅も広がり、以前は難治性であった疾患の治療成績も徐々に向上してきています。
 このように非常にやりがいのある分野ですので、是非一緒に血液疾患の根治をめざした治療を実践していきましょう。
 意欲溢れる若い先生方の参加を熱望しています。

写真:乳腺外科 高橋弘昌
 北大病院第一外科で乳腺外科を担当している高橋と申します。当科は、がん薬物療法専門医養成コースにおいて唯一の外科診療科であり、私を含めた乳腺専門医2名、スタッフ2名、研修医2名の計6名で乳癌手術と薬物療法を行っています。
 「乳癌は全身病である」との認識のもとに、現在、乳癌治療において手術単独療法は少数となり、術前・術後薬物療法の重要性がますます増加しています。実際には、生検や手術により得られるホルモンレセプターやHER2などの情報を元に、種々の治療ガイドラインを参考にしてがん薬物療法レジメンを決定しています。
 皆様が当院のがん薬物療法専門医養成コースにおいて上記のような乳癌診療プロセスを研修することは、がん薬物療法の専門家になるために有益であると確信します。

写真:腫瘍内科 木下一郎
 研修医のみなさん、がん薬物療法は、分子標的治療薬の開発やその他の医療技術革新によって、長足の進歩を遂げています。バイオマーカーによる個別化治療や治療効果の早期予測の研究も進み、がん薬物療法は、まさにパラダイム・シフトしつつあります。
 腫瘍内科は、臓器横断的にがんを扱うことによって、種々の臓器がん、がん薬物療法と集学的治療に精通した腫瘍内科医を育成することをめざしています。原発不明がんや稀な悪性腫瘍にも取り組んでいます。当科では、指導熱心ながん薬物療法専門医が中心になって診療しています。
 本専門医養成コースで研修して、高い専門性と幅広い応用力を持ったがん薬物療法専門医をめざしませんか。

写真:腫瘍センター化学療法部 小松嘉人
 本邦の死因のトップはがんであり、国民の二人に一人はがんに罹患し、その半分は手術不能という現況において、がん薬物療法が大きな役割を占める事は言うまでもありません。さらに、最近ではその薬物療法の大半は、外来で実施されるようになって来ています。
 化学療法部では、当院で行われる外来化学療法全てを統括しており、一日に40〜50症例の化学療法が実施されているため、全科の外来化学療法を短期間で体験することが可能です。レジメンの内容から、投与の実際、infusion reactionやショックへの対処など、身につけておかねばならない知識や手技も学ぶ事ができます。しかも、当部では医師が常駐するため、リアルタイムでそれらを学ぶ事が可能です。
 皆さんの研修をお待ちしています。

お問い合わせ

北海道大学病院 臨床研修センター

ページの先頭へ戻る