現在のページ 臨床研修センター >  ブログ >  オリエンテーション、本格始動

オリエンテーション、本格始動

2012年4月3日 9時29分【カテゴリ:医科

今日からは実際に診療に直結するメニューが目白押しです。
メニューが盛りだくさんなので、2チームに分かれて実習します。

■午前
(1)医療情報端末の使い方
オーダリングシステムの使い方を実際に演習します。今のシステムは大分動きが悪くなってきて
いるので、2年後には大幅に入れ替えられ最新式のものになる予定です。皆さんが北大で研修
するころにはそのシステムが稼働しているかも、、、。
神経内科の佐久嶋先生が端末の実際の使い方をわかりやすく説明してくれました。

(2)医療情報検索、図書館の利用
大学病院での研修ならではの利点の一つが膨大な医療情報を簡便に利用できることです。
図書館司書の方から図書館の利用、医療情報ツールの利用の仕方を教わりました。
実際にPCを使っての体験実習です。
副センター長からは、UpToDate, DynaMed, 医中誌、メディカルオンラインの実際の
使い方と使い分け、特徴の説明がありました。これで日常臨床の疑問の解決は大丈夫ですね!

(1)
(2)


■午後
(1)検査部実習
グラム染色、尿沈渣、血液像、血ガス、心電図、エコーとメニューは豊富。
清水先生の一言。”検査部の技師さんと顔見知りになって検査室に足を運ぶ
ことで、皆さんの研修は120%充実したものになります!” う~ん、名言。



(2)薬剤部実習

実際に薬を粉末化して分包機で分包してみました。錠剤をすり鉢でつぶすのはなかなか力が要るんですね。
それを網で濾してきれいな粉末にします。こんな大変なことをやってもらってたんですね。
”すごく大変なんですね。処方の時には感謝しながらオーダーしたくなります・・・”とはGood コメントでした!

ページの先頭へ戻る