平成29年度 北海道大学病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1336 705 700 1045 1594 2008 3567 3307 1204 84
本院の入院患者さんの年齢層は、60歳以降の患者さんが多く、全体の5割強を占めておりますが、若年層の患者さんでは、神経疾患・先天性疾患・自己免疫疾患・内分泌疾患等の診療を多く行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科Ⅰ
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 気管支鏡検査 151 4.60 3.59 1.32 68.82
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 114 12.82 11.99 1.75 70.27
040110xxxxx0xx 間質性肺炎(内科的治療) 61 13.62 19.65 4.92 68.77
070560xx99x0xx 自己免疫性疾患 検査等 57 10.18 17.16 1.75 65.56
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 緩和ケア等 38 11.74 14.60 10.53 69.16
内科Ⅰでは、呼吸器疾患や循環器・代謝疾患を中心に診療を行っております。
入院患者さんについては、肺がんの診断(気管支鏡検査入院)や化学療法を中心に診療を行っております。
なお、DPCコードは治療内容によって違いがあることから、内科Ⅰでは、実質的に肺がんに対する化学療法の患者さんの数が最も多く、難病である肺サルコイドーシスの診断(検査入院)や治療も多く行っております。
内科Ⅱ
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 自己免疫性疾患の内科的治療  221 11.26 17.16 1.36 52.57
110280xx99000x 慢性腎臓病 内科的治療 61 11.05 12.23 3.28 48.38
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症の内科的治療 49 8.02 5.76 0.00 55.24
070470xx99x0xx 関節リウマチ 内科的治療 30 9.43 13.72 3.33 61.33
070560xx99x8xx 自己免疫性疾患 内科的治療(免疫療法) 26 20.46 18.24 3.85 56.96
内科IIでは、⾃⼰免疫疾患・代謝内分泌疾患・腎疾患の診療を⾏っています。 ⼊院患者さんについては、全⾝性エリテマトーデス・抗リン脂質抗体症候群・⽪膚筋炎・強⽪症・⾎管炎症候群などの⾃⼰免疫疾患、糖尿病・クッシング症候群などの代謝内分泌疾患、慢性腎臓病・多発性嚢胞腎などの腎疾患に対する内科的治療を多く⾏っております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡手術 107 7.23 8.73 0.00 72.87
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の悪性腫瘍 検査 95 4.77 9.83 9.47 67.39
060050xx97x0xx 肝、肝内胆管の悪性腫瘍 肝動脈塞栓法 86 13.77 11.44 0.00 70.05
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石 内視鏡手術 59 8.51 10.61 10.17 71.31
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍 内視鏡手術 56 6.84 9.52 0.00 68.50
消化器内科では、消化管疾患、肝臓疾患、胆膵疾患の診療を行っています。
入院患者さんについては、肝臓がんに栄養を運んでいる血管を人工的にふさいでがんを兵糧攻めにする肝動脈塞栓療法、膵臓がんの診断(検査入院)や早期胃がんに対する内視鏡手術を多く行っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 心筋焼灼術 127 10.24 5.30 0.00 62.76
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 カテーテル検査 56 6.39 3.03 0.00 68.07
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈ステント留置術 37 8.84 4.62 0.00 70.30
050210xx97000x 徐脈性不整脈 植込型除細動器挿入 33 13.91 11.21 3.03 65.00
050060xx9700xx 心筋症 植込型人工心臓検査 26 13.69 14.57 0.00 50.04
循環器内科では、循環器疾患(心臓や血管)の診療を行っております。
入院患者さんについては、頻脈性不整脈の原因箇所を焼灼して治療するアブレーション治療(心筋焼灼術)、虚血性心疾患に対するカテーテル検査(心臓の筋肉に血液を供給している冠動脈(冠状動脈)という動脈を映し出す検査)、不整脈を自動的に感知し、手遅れにならないうちに不整脈を停止させる機械(植込型除細動器)を挿入する治療を多く行っております。
消化器外科Ⅰ
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝、肝内胆管の悪性腫瘍 肝動脈塞栓法 108 14.14 11.44 1.85 69.62
060050xx02x1xx 肝、肝内胆管の悪性腫瘍 肝切除術(部分切除等) 56 24.66 19.92 0.00 70.32
060050xx01x10x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 肝切除術(2区域以上) 45 26.31 22.49 0.00 67.62
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 切除術 35 20.91 15.61 8.57 69.91
060040xx02x00x 直腸肛門の悪性腫瘍 低位前方切除術 28 24.14 17.49 7.14 65.57
消化器外科Ⅰでは、消化器疾患の外科診療を行っており、肝臓の切除を必要とする腫瘍、肝(膵)移植、および大腸・直腸がん、炎症性腸疾患に対する手術を多く行っております。入院患者数では、肝臓がん術後の再発治療としてがんに栄養を運んでいる血管を人工的にふさいで、がんを兵糧攻めにする肝動脈塞栓療法を多く行っております。
消化器外科Ⅱ
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の悪性腫瘍 切除術 32 23.75 24.37 3.13 66.63
06007xxx01010x 膵臓、脾臓の悪性腫瘍 切除術 25 41.16 30.43 0.00 65.52
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍 切除術 18 61.50 37.92 16.67 69.11
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 腹腔鏡下手術 14 20.00 17.27 7.14 68.64
060060xx97100x 胆管炎 内視鏡治療 12 23.17 15.55 25.00 66.17
消化器外科Ⅱでは、胃がんと⾷道がんなどの消化器がんに対する内視鏡⼿術(お腹や胸の数か所に⽳をあけて臓器を切ったり掴んだりする⽤具やカメラを挿⼊して⾏う⼿術)や膵臓がん、胆管がんに対する⼿術を多く⾏っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 前十字靭帯損傷 手術 45 17.53 11.41 6.67 31.53
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死 股関節症 手術 41 34.46 23.14 12.20 62.12
070180xx97xx0x 脊椎変形 手術 37 18.16 20.54 2.70 18.54
070470xx02x2xx 関節リウマチ 人工関節置換術 35 29.43 25.91 25.71 67.91
070160xx01xxxx 肘部管・手根管症候群 手術 31 9.65 5.51 0.00 61.90
整形外科では、骨・関節・靭帯などの人体のなかでも運動器と呼ばれる組織に生じる外傷・スポーツ障害・慢性疾患・腫瘍・脳以外の神経の外傷・疾患などの外科的治療を行っております。
入院患者さんについては、変形性股関節症、脊柱側弯症、前十字靭帯損傷、関節リウマチに対する手術を多く行っております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頚・体部の悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 121 6.34 4.98 0.00 51.26
120010xx99x40x 卵巣・子宮付属器の悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 54 11.72 5.02 0.00 66.98
120010xx99x50x 卵巣・子宮付属器の悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 53 6.45 4.75 0.00 55.28
120060xx02xxxx 子宮筋腫 腹腔鏡手術 52 6.65 6.28 0.00 42.96
120010xx99x70x 卵巣・子宮付属器の悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 48 5.96 4.63 0.00 62.38
婦人科では、女性特有の病気である婦人科系腫瘍(子宮・卵巣・卵管)・感染症・ホルモン異常・更年期障害などの治療を行っております。
入院患者さんについては、子宮がんや卵巣がんに対する化学療法、子宮がんに対する手術を多く行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx99xxxx 緑内障 検査 259 2.05 3.28 0.00 60.24
020220xx97xxx0 緑内障 手術(片眼) 249 13.44 8.51 0.00 63.23
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術 88 11.09 10.21 0.00 51.60
020220xx97xxx1 緑内障 手術(両眼) 66 27.76 12.77 0.00 62.88
020200xx9710xx 黄斑、後極変性症 手術 45 9.96 7.31 0.00 66.87
眼科では、日常生活上、外界の情報を取り入れるのにもっとも大切な感覚器官である視覚器(眼)の疾患の治療を行っております。
入院患者さんについては、緑内障や網膜剥離に対する手術を多く行っております。
なお、DPCコードが付与されない白内障に対する手術も多く行われております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患 カテーテル検査 62 4.90 4.32 0.00 11.40
010230xx99x20x てんかん 検査 41 9.90 14.54 2.44 9.54
010230xx99x00x てんかん 内科的治療 29 6.31 6.32 0.00 12.52
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 内科的治療 27 5.30 22.12 0.00 8.67
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 心筋焼灼術 26 6.19 5.30 0.00 15.50
小児科では、膠原病・免疫不全症などの免疫疾患、血液腫瘍疾患、神経疾患、腎疾患、内分泌疾患、循環器疾患、感染症、新生児疾患、代謝・消化器疾患、遺伝性疾患など、あらゆる領域の小児疾患全般の診療を行っております。
入院患者さんについては、先天性心疾患に対するカテーテル検査(心臓や血管に管を入れて圧の測定・採血・造影などを行う検査)、小児がんに対する化学療法、てんかんの診断(検査入院)を多く行っております
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 手術 77 17.84 13.70 1.30 68.01
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・大唾液腺の腫瘍 手術 45 11.64 7.58 0.00 55.78
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 手術 37 14.59 9.88 8.11 65.59
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術 30 12.47 9.20 0.00 57.03
030440xx01xxxx 中耳炎 鼓膜形成手術 29 10.48 8.90 0.00 35.07
耳鼻咽喉科では、頭頸部腫瘍、炎症性疾患を始め、聴覚・平衡・嗅覚・味覚・音声・嚥下・顔面神経の機能障害などの診療を行っております。
入院患者さんについては、口腔・咽頭・喉頭・唾液腺などの頭頸部がんに対する手術・化学療法や甲状腺がんに対する手術を多く行っております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 手術 57 14.12 8.50 1.75 74.09
080050xxxxxxxx アトピー性皮膚炎 教育入院 43 14.84 10.50 0.00 40.81
080005xx99x1xx 黒色腫 化学療法(インターフェロン治療) 35 10.00 10.26 0.00 63.31
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 内科的治療 27 21.11 6.57 0.00 72.96
080110xxxxx0xx 水疱症 内科的治療 23 31.91 29.24 0.00 67.74
皮膚科では、湿疹、いぼ、水虫などの一般的な疾患から、膠原病、皮膚がん、遺伝病による皮膚疾患など、皮膚にあらわれる病気の診療を行っております。
入院患者さんについては、皮膚がんに対する手術、悪性黒色腫に対する化学療法、アトピー性皮膚炎に対する教育入院を多く行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 内視鏡手術 59 8.88 7.31 1.69 71.71
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 手術 42 15.00 12.92 0.00 66.95
110080xx97x00x 前立腺の悪性腫瘍 金マーカー挿入(放射線照射の目印の挿入) 37 5.22 6.18 2.70 69.59
140580xx02xxxx 尿道下裂 手術 32 12.97 9.76 0.00 2.94
140590xx97xxxx 停留精巣 手術 30 5.27 3.26 0.00 2.47
泌尿器科では、副腎・泌尿生殖器(腎・尿管・膀胱・男性性器)を対象とし、腫瘍性疾患・先天性腎泌尿器疾患・腎不全・排尿障害・内分泌疾患・ 尿路結石症の診療を行っております。
入院患者さんについては、膀胱腫瘍に対する内視鏡手術(尿道から膀胱に内視鏡を挿入し、膀胱内の腫瘍を切除する治療)、前立腺がんに対する放射線治療の準備(金マーカーと呼ばれる放射線照射部位の目印の挿入)や前立腺がんの手術(腹腔鏡下にロボットアームを用いて前立腺・精嚢腺を摘出し、膀胱と尿道をつつなぎ合わせる手術)も多く行っております。
放射線治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x2xx 肺の悪性腫瘍 放射線治療 26 18.00 38.22 0.00 80.04
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 金マーカー挿入(放射線照射の目印の挿入) 25 5.24 11.44 0.00 71.48
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 金マーカー挿入(放射線照射の目印の挿入) 13 5.00 12.35 0.00 77.92
12002xxx99x2xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 放射線治療 11 21.64 18.64 0.00 65.09
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 放射線治療 10 36.90 34.36 0.00 70.90
放射線治療科では、悪性腫瘍を中心に様々な疾患に対し放射線治療を行っております。通常のX線治療に加え陽子線治療も行っております。 入院患者さんについては、頭頸部がん、肺がん、子宮がん、前立腺がんに対する放射線治療(動体追跡照射)や肝臓がんや肺がんの放射線治療の準備(金マーカーと呼ばれる放射線照射部位の目印の挿入)を多く行っております。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x00x 脊柱管狭窄症 疼痛治療 - - 11.34 - -
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし - - 9.88 - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

麻酔科では、手術室での麻酔管理のほか、ペインクリニック、緩和ケアや集中治療、高気圧酸素治療など様々な分野で活躍しています。
入院患者さんについては、痛みをとる治療(ペインクリニック)を少数ですが行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 手術 36 35.44 21.61 11.11 55.67
010070xx99020x 脳血管障害 検査 21 5.14 5.47 0.00 41.62
010070xx01x20x 脳血管障害 手術 20 21.30 19.18 0.00 28.90
010010xx99000x 脳腫瘍 検査 18 6.33 11.14 0.00 46.50
010030xx01x00x 脳動脈瘤 手術 16 21.13 15.61 6.25 59.88
脳神経外科では、脳、脊髄、末梢神経といった全ての神経系疾患の診療を行っております。
入院患者さんについては、脳腫瘍に対する手術・検査や脳動脈瘤に対する手術、難病であるもやもや病に対する手術を多く⾏っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 手術 75 14.71 9.64 0.00 5.32
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 レーザー治療 68 4.96 3.16 0.00 3.00
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 手術 23 32.04 8.50 4.35 71.48
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術 13 6.00 4.04 0.00 6.54
080005xx01x0xx 黒色腫 手術 12 45.75 14.71 0.00 68.50
形成外科では、外傷、唇裂口蓋裂、頭蓋顎顔面形態異常、皮膚・軟部腫瘍、血管腫、顔面神経麻痺、各種再建外科と幅広い領域の診療を行っております。
入院患者さんについては、蒙古斑・血管腫・母斑に対する手術やレーザー治療、唇裂口蓋裂に対する手術を多く行っております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x10x パーキンソン病 内科的治療 49 20.61 20.55 8.16 65.16
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 検査 23 20.87 18.38 0.00 63.70
010110xxxxx0xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 内科的治療 19 12.42 11.56 5.26 34.84
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 内科的治療(免疫療法) 18 21.11 16.95 11.11 56.00
070560xx99x0xx 自己免疫性疾患の内科的治療  16 31.75 17.16 18.75 62.25
神経内科では、脳・脊髄・末梢神経・骨格筋に生じる様々な病気について内科的に診療を行っております。
入院患者さんについては、パーキンソン病に対する内科的治療、多発神経炎に対する免疫グロブリン大量療法、自己免疫性疾患に対するステロイド治療、多発性硬化症に対する内科的治療を多く行っております。
循環器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く) 手術 26 31.62 25.29 0.00 8.77
14031xx101x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く) 手術 26 32.85 59.22 3.85 0.00
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術  21 19.19 12.51 4.76 76.57
14031xx101x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く) 手術 18 46.06 37.53 11.11 0.00
14031xx102x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く) 手術 15 29.20 37.98 0.00 0.00
循環器外科では年間約300例の手術を施行しており、うち心臓胸(腹)部大血管手術として230余り、人工心肺使用手術が約190例です。
成人ではさまざまな弁膜症や狭心症、拡張型心筋症、胸部・腹部動脈瘤患者さんを診療しています。
小児では心房中隔欠損や心室中隔欠損のみならず、新生児の先天性複雑心疾患の患者さんも多く診療しています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010069xx99000x 脳卒中の続発症 ボトックス治療 18 10.83 9.92 0.00 56.78
010180xx99x0xx 不随意運動 ボトックス治療 14 8.29 8.44 0.00 49.57
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 リハビリテーション - - 14.65 - -
010190xxxxx0xx 遺伝性運動失調症 リハビリテーション - - 14.60 - -
010310xx99x0xx 脳の障害(その他) リハビリ治療 - - 10.66 - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

リハビリテーション科では、神経・筋・骨格系などの異常による機能障害者を対象として、 医学的治療や治療的訓練を実施しております。
入院患者さんについては、脳卒中の後遺症(四肢痙縮)に対するボトックス治療、痙性斜頚に対するボトックス治療、脊髄小脳変性症に対するリハビリテーションを多く行っております。
なお、DPCコードが付与されない高次脳機能障害に対するリハビリも多く行っております。
核医学診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 内用療法 105 16.17 6.51 0.00 57.28
100020xx99x5xx 甲状腺の悪性腫瘍 内用療法 39 13.72 8.70 0.00 59.72
100140xx99x2xx 甲状腺機能亢進症 内用療法 15 18.93 9.58 0.00 52.53
100190xx99x0xx 褐色細胞腫 検査 - - 8.27 - -
100020xx99x00x 甲状腺の悪性腫瘍 検査 - - 9.08 - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

核医学診療科では、バセドウ病、甲状腺分化癌、悪性褐色細胞腫、甲状腺髄様癌の核医学治療とPET、SPECT等を用いた核医学診断を担当しています。
入院患者さんについては、甲状腺がんに対するヨード内用療法(放射性ヨードが入ったカプセルを内服し放射線で甲状腺組織や甲状腺がんの細胞を破壊する治療)やバセドウ病に対するヨード内用療法も行っております。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法(抗がん剤による治療) 35 18.91 16.48 2.86 63.31
130010xx97x2xx 急性白血病 化学療法(抗がん剤による治療) 15 57.20 40.97 20.00 52.33
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 化学療法(抗がん剤による治療) 15 12.67 13.89 6.67 62.73
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法(抗がん剤による治療) 15 29.47 33.42 20.00 61.73
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 化学療法(抗がん剤による治療) 12 36.25 34.49 8.33 65.75
血液内科では、急性骨髄性白血病、急性リンパ球性白血病、悪性リンパ腫等の造血器悪性疾患患者に対する骨髄移植を含む造血細胞移植療法および化学療法を中心に、特発性血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血、血友病を含む血液凝固異常症などの血液疾患全般の他、HIV感染症の診療も行なっております。
入院患者さんについては、白血病や悪性リンパ腫に対する化学療法を多く行っております。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060170xx02xxxx 閉塞壊疽のない腹腔のヘルニア 手術 20 3.10 8.33 0.00 3.25
14044xxx99x0xx 直腸肛門奇形 検査 14 3.64 6.16 0.00 5.29
140270xx99x0xx 肺の先天性異常 検査 12 1.33 6.63 0.00 0.67
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 手術 - - 2.84 - -
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 検査 - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

小児外科では、0才-15才までの小児(新生児期・乳児期・幼児期・学童期・思春期)の頭頸部から直腸・肛門領域におよぶ広い範囲の疾患を診療しています。
入院患者さんについては、臍ヘルニアに対する手術や鎖肛(直腸肛門奇形)に対する検査入院・ブジー指導を多く行っております。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 帝王切開術 102 12.30 9.75 0.00 33.82
140010x199x00x 新生児疾患 検査 82 8.85 6.18 0.00 0.00
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 母体管理 55 8.76 6.70 3.64 31.27
120170xx01x0xx 切迫早産 帝王切開術 46 37.48 31.42 0.00 32.04
120170xx99x0xx 切迫早産 母体管理 41 29.78 20.41 21.95 33.34
産科では、ハイリスク妊娠の妊婦さん、小さく生まれた赤ちゃんや専門的な治療を要する赤ちゃんの診療はもちろんですが、特別なリスクのない方の妊娠・分娩管理にも積極的に取り組んでいます。
入院患者さんについては、帝王切開で出生した赤ちゃんの管理やハイリスク妊婦さんの出産管理も多く行っております。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 58 9.41 13.33 1.72 50.62
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 43 9.53 11.99 0.00 67.07
040010xx99x3xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 16 10.00 11.54 0.00 47.75
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 気管支鏡検査 16 5.69 3.59 0.00 70.38
03001xxx97x6xx 頭頸部悪性腫瘍 化学療法(抗がん剤による治療) 10 28.30 42.52 0.00 60.90
腫瘍内科では、臓器横断的に全身の幅広い領域のがん(頭頸部がん、肺がん、消化器系がん、乳がん、軟部肉腫、原発不明がんなど)の治療(がん薬物療法、放射線治療科や外科と連携した集学的治療)を行っています。
入院患者さんについては、頭頸部がんや肺がんに対する診断・薬物療法を多く行っております。
放射線診断科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 ポート挿入 11 2.00 5.96 0.00 55.36
130030xx97x00x 非ホジキンリンパ腫 ポート抜去 - - 8.84 - -
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.45 - -
140550xx97x0xx 先天性嚢胞性腎疾患 血管内治療 - - 14.88 - -
120060xx97xxxx 子宮の良性腫瘍 血管塞栓術 - - 4.82 - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

放射線診断科では、CTやMRIを用いて患者さんの画像情報から病気の診断をしたり、血管造影やその手技を応用して病気の治療をしています。
入院患者さんについては、乳がんの患者さんで長期間抗がん剤等の点滴を行う場合、ポートといってカテーテルごと皮下に埋め込んでしまう
処置、動静脈奇形に対して動脈を経由して動静脈奇形病変内に塞栓物質(血管の流れを塞ぐもの)を入れる治療(血管塞栓術)、子宮筋腫に対して筋腫に栄養を送る子宮動脈に塞栓物質を流して閉塞させることにより、筋腫を衰えさせる治療(血管塞栓術)を多く行っております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術 151 11.30 12.35 0.66 66.09
040010xx01x0xx 縦隔胸膜の悪性腫瘍 手術 12 11.92 11.03 0.00 51.92
040020xx97xxxx 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 手術 - - 8.94 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 検査 - - 19.65 - -
040010xx97x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 手術 - - 9.76 - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

呼吸器外科は、肺がんなどの悪性疾患の患者さんの手術行っています。胸腔鏡を使った低侵襲手術から難治性のがんに対する拡大手術など幅広く対応しています。
入院患者さんについては、肺がんに対する手術を多く行っております。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房切除術 59 8.78 10.15 0.00 60.88
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房温存手術 40 5.50 6.37 0.00 58.05
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房切除術 19 12.84 11.45 0.00 54.11
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 ポート挿入他 - - 5.96 - -
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 緩和ケア他 - - 9.58 - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

乳腺外科は、「乳房の病気」 特に、「乳がん」 を診療の中心としています。
入院患者さんについては、乳がんに対する手術を多く行っております。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒 内科的治療 12 2.58 3.58 8.33 35.08
050210xx97020x 心停止後の全身管理 10 17.90 24.88 80.00 72.70
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 検査 10 5.40 7.34 20.00 32.60
050210xx97021x 心停止後の全身管理 - - 37.98 - -
161020xxxxx00x 熱中症・低体温症 全身管理 - - 5.73 - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

救急科は、交通事故・転落などの外傷、突然の心停止(来院時心肺停止)、広範囲熱傷、重症感染症、ショック、中毒など、重傷度の高い患者さんの救急車での搬入を積極的に受け入れ、治療しております。また、他院で手に負えないと評価された重篤な患者さんの受け入れも積極的に行っております。
入院患者さんについては、急性アルコール中毒に対する内科的治療、心停止後の全身管理や薬物中毒による内科的治療を多く行っております。
なお、循環器疾患や外傷等で、搬送後24時間以内に死亡した患者さんについては、上記データに含まれておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 121 16 27 14 1 7th
大腸癌 54 32 26 29 41 56 1 7th
乳癌 75 36 28 1 7th
肺癌 191 33 89 319 184 1 7th
肝癌 66 33 28 16 39 284 1 7th
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

がん(悪性新生物)は、自律性増殖(がん細胞はヒトの正常な新陳代謝の都合を考えず、自律的に勝手に増殖を続け、止まることがない)、浸潤(周囲にしみ出るように広がる)、転移(体のあちこちに飛び火)し、次から次へと新しいがん組織をつくってしまうといった特徴があります。
上記の分類は、がん(悪性新生物)の広がりや進行度合いを分類したものです。
stageの値が大きくなるほど、発見時(診断時)にがんが進行したことを表しております。
本院では、全てのがん腫において、手術・化学療法・放射線等の集学的治療を行っており、初期のがんから進行がんまで幅広く診療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 18 17.61 68.28
重症
超重症
不明
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

本院の肺炎に対する治療は、他院から重症化した肺炎の患者さんの受け入れて診療を行っていることが少なく、がんや膠原病等で治療中の患者さんが肺炎を起こしてしまった場合に診療することが多いことから、比較的重症度が低くなっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 17 33.12 62.00 11.76
その他 63 15.49 39.78 4.76
本院では、急性期の脳梗塞の診療は札幌市内の脳神経外科専門病院で多く行われていることから、他疾患治療中の患者さんを中心に診療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科Ⅰ
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 15 7.67 16.80 0.00 66.33
K508 気管支狭窄拡張術(気管支鏡によるもの) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

内科Ⅰでは、進行した肺がん、食道がんなどの悪性腫瘍や気管支結核などによる気管・気管支狭窄に対して、内視鏡を用いて狭窄を広げる気管支狭窄拡張術を手術室にて多く行っています。
内科Ⅱ
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

内科Ⅱでは、手術室で手術を行うことはありません。
上記の手術については、他診療科に依頼して行った手術です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 120 0.73 1.19 0.83 67.96
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 109 1.30 9.07 6.42 70.52
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 107 0.11 6.19 0.00 72.97
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 90 1.30 7.21 5.56 64.94
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 85 0.18 3.26 0.00 67.82
消化器内科では、手術室で行う手術は多くありませんが、内視鏡室にて多くの内視鏡手術を行っております。
内視鏡室では、ポリープの切除、閉塞性黄疸や胆管炎をきたしている患者さんにチューブ(ステント)を留置して胆汁の流れをよくする処置を多く行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 70 4.67 5.84 1.43 66.13
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 63 5.17 5.44 0.00 58.60
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 33 5.61 3.73 0.00 69.24
K599-2 植込型除細動器交換術 21 3.24 9.57 0.00 62.48
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 19 21.05 18.37 15.79 82.26
循環器内科では、手術室で行う手術は多くありませんが、血管造影室で多くの手術を行っております。
血管造影室では、頻脈性不整脈の原因箇所を焼灼して治療するアブレーション治療(心筋焼灼術)、小さなふうせん(バルーン)や金属の管(ステント)などを使って、狭心症や心筋梗塞の原因となっている冠動脈(心臓の筋肉に血液を送る血管)の狭くなった部分を押し広げ、血液の流れを良くする治療(経皮的冠動脈ステント留置術)、危険な不整脈を自動的に感知し、手遅れにならないうちに不整脈を停止させる機械(植込型除細動器)を前胸部に埋め込む手術を多く行っております。
消化器外科Ⅰ
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 103 2.88 9.57 0.00 69.48
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 49 8.80 15.10 4.08 63.16
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 47 8.64 14.79 4.26 69.94
K6955 肝切除術(2区域切除) 39 10.62 15.62 0.00 69.36
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 21 3.19 12.48 0.00 65.10
消化器外科Ⅰでは、結腸・直腸がん、炎症性腸疾患に対する腹腔鏡手術(お腹の数か所に孔をあけて臓器を切ったり掴んだりする用具やお腹の中をのぞくカメラを挿入して行う手術)や、肝臓の切除を必要とする腫瘍に対する肝切除術(腹腔鏡手術含む)、肝移植を行っております。なお、肝切除術は、手技が異なるとKコード(手術の種類)が違うことから、実質的には年間100例程度の手術を行っております。
血管造影室での手術として、肝臓がんに栄養を運んでいる血管を人工的にふさいで、がんを兵糧攻めにする肝動脈塞栓療法も多く行っております。
消化器外科Ⅱ
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7032 膵頭部腫瘍切除術(十二指腸温存膵頭切除術の場合) 22 5.68 34.95 0.00 65.77
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作によるもの) 17 8.35 53.12 17.65 69.24
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合) 14 3.57 34.93 0.00 66.14
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 13 3.23 16.15 7.69 67.00
K7022 膵体尾部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合) 13 4.69 26.38 0.00 72.46
消化器外科Ⅱでは、胃がんと⾷道がんなどの消化器がんに対する内視鏡⼿術(お腹や胸の数か所に⽳をあけて臓器を切ったり掴んだりする⽤具やカメラを挿⼊して⾏う⼿術)や膵臓がん、胆管がんに対する⼿術を多く⾏っております。
なお、膵臓の⼿術は、⼿技が異なるとKコード(⼿術の点数)が違うことから、実質的には最も多く⼿術を⾏っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 45 7.11 23.91 33.33 69.24
K0821 人工関節置換術(股) 45 9.00 25.09 15.56 62.40
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 34 8.71 24.15 35.29 64.24
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 33 5.06 18.15 15.15 67.48
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 30 3.20 17.70 10.00 21.80
整形外科では、股関節や膝関節の上から皮膚と筋肉を切開して関節を開き、骨を人工関節の形に合わせて切り、関節を設置する手術(関節置換術)、脊椎側彎症や脊柱管狭窄症に対する手術を多く行っております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 45 1.64 4.96 0.00 42.96
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 40 1.05 4.90 0.00 50.13
K867 子宮頸部(腟部)切除術 40 1.08 1.13 0.00 41.38
K861 子宮内膜掻爬術 35 1.54 0.89 0.00 50.66
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 33 1.00 5.09 0.00 38.97
婦人科では、子宮頸部の腫瘍に対して、子宮頸部を円錐型に切除する手術、子宮がんや卵巣がんに対する腹腔鏡手術(お腹の数か所に穴をあけて臓器を切ったり掴んだりする用具やお腹の中をのぞくカメラを挿入して行う手術)を多く行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 366 2.32 2.86 0.00 71.14
K2683 緑内障手術(濾過手術) 220 4.04 13.19 0.00 64.54
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 179 1.83 8.72 0.00 62.97
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) 55 1.67 2.16 0.00 71.38
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 55 3.67 10.45 0.00 57.33
眼科では、白内障に対して、水晶体嚢内の混濁した部分を超音波で砕いて吸引し、水晶体嚢に眼内レンズを固定する手術(水晶体再建術)、網膜・硝子体疾患に対して、出血や混濁を取り除く手術(硝子体茎顕微鏡下離断術)や緑内障に対して眼圧を下げる手術(緑内障手術)を多く行っております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 25 4.08 2.00 0.00 13.48
K570-3 経皮的肺動脈形成術 - - - - -
K570-2 経皮的肺動脈弁拡張術 - - - - -
K566 体動脈肺動脈短絡手術(ブラロック手術、ウォーターストン手術) - - - - -
K9222ロ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植の場合) - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

小児科では、手術室で行う手術は多くありませんが、血管造影室で多くの手術を行っております。
血管造影室では、頻脈性不整脈の原因箇所を焼灼して治療するアブレーション治療(心筋焼灼術)を多く行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 37 1.70 8.11 0.00 35.65
K374 咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む。) 22 3.00 16.95 0.00 66.73
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 21 2.86 8.62 0.00 57.90
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 20 2.30 8.65 0.00 63.30
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) 18 1.83 4.44 5.56 55.33
耳鼻咽喉科では、保存的な治療では治癒しない中耳炎に対する手術(鼓室形成手術)や甲状腺がんに対する手術を多く行っております。

なお、頭頸部がんの手術は、がん発生した場所によってKコード(手術の点数)が異なることから、実質的には最も多く手術を行っております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 74 3.22 12.51 0.00 73.99
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 11 1.82 4.36 0.00 42.27
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) - - - - -
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) - - - - -
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) - - - - -
※10症例未満は個⼈情報保護のため表⽰していません。

皮膚科では、皮膚がんの切除や母斑や良性腫瘍の切除を多く行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 71 3.27 5.65 1.41 70.90
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 42 3.24 10.76 0.00 66.95
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 37 2.03 2.03 0.00 68.86
K819 尿道下裂形成手術 30 2.73 9.47 0.00 3.10
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 23 4.22 9.43 0.00 64.91
泌尿器科では、膀胱腫瘍に対する内視鏡手術(尿道から膀胱に内視鏡を挿入し、膀胱内の腫瘍を切除する治療)、前立腺がんに対する放射線治療の準備(金マーカーと呼ばれる放射線照射部位の目印の挿入)、前立腺がん・腎がんのダ・ヴィンチ手術等(腹腔鏡下にロボットアームを用いて腫瘍を摘出する手術)を多く行っております。
放射線治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K509-3 気管支内視鏡的放射線治療用マーカー留置術 38 1.42 11.42 0.00 79.16
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 34 2.24 6.97 0.00 71.09
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

放射線治療科では、手術室で手術を行うことはありません。 上記の手術については、他診療科に依頼して行った手術が含まれています 。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 56 6.11 34.66 12.50 48.93
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 18 8.00 26.83 0.00 52.17
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 16 4.38 16.00 0.00 58.13
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 13 5.85 14.85 0.00 24.92
K1742 水頭症手術(シャント手術) 12 10.00 20.58 16.67 32.92
脳神経外科では、脳腫瘍に対する手術、脳動脈瘤に対して金属製のクリップで動脈瘤を閉鎖する手術、難病であるもやもや病に対して大脳に血流が供給されるように動脈同士をつなぐ(バイパス)手術を多く行っております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 29 4.48 25.83 0.00 68.76
K4073イ 顎・口蓋裂形成手術(顎裂を伴うもの)(片側) 16 3.56 11.56 0.00 4.31
K4263 口唇裂形成手術(片側)(鼻腔底形成を伴う場合) 15 3.20 8.87 0.00 1.13
K4072 顎・口蓋裂形成手術(硬口蓋に及ぶもの) - - - - -
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

形成外科では、顎口蓋裂に対し、粘膜・口輪筋・皮膚をそれぞれ縫合し、披裂を閉鎖する手術(顎口蓋裂形成手術)、
皮膚がんに対する手術(皮膚悪性腫瘍切除術)を多く行っております。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 10 22.90 38.50 40.00 66.20
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

神経内科では、手術室で手術を行うことはありません。
上記の手術については、他診療科に依頼して行った手術です
循環器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K566 体動脈肺動脈短絡手術(ブラロック手術、ウォーターストン手術) 21 12.52 21.90 4.76 0.00
K5541 弁形成術(1弁のもの) 19 25.47 35.53 5.26 23.79
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 14 5.93 18.21 0.00 77.71
K5862 単心室症手術(フォンタン手術) 12 4.42 26.83 0.00 2.92
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 12 6.50 19.00 25.00 72.08
循環器外科では年間約300例の手術を施行しており、うち心臓胸(腹)部大血管手術として230余り、人工心肺使用手術が約190例です。
弁膜症に対して心臓の弁を修復もしくは人工弁と交換する手術(弁置換術)、動脈瘤に対して人工血管を移植する手術(大動脈瘤切除術)、先天性心疾患に対する手術(年間約130例)を多く行っております。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1912 脊髄腫瘍摘出術(髄内のもの) - - - - -
K047-2 難治性骨折超音波治療法(一連につき) - - - - -
K141-2 寛骨臼移動術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

リハビリテーション科では、手術室で手術を行うことはありません。
上記のデータについては、他診療科で行った手術です。
核医学診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

核医学診療科では、手術室で手術を行うことはありません。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9222イ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(同種移植の場合) 43 40.00 81.35 16.28 50.60
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 16 9.06 10.75 0.00 58.88
K9223 造血幹細胞移植(臍帯血移植) 12 41.75 86.25 50.00 55.58
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 10 13.10 5.60 10.00 58.10
K9221イ 造血幹細胞移植(骨髄移植)(同種移植の場合) - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

血液内科では、第三者の造血幹細胞を採取して血液がんの患者さんに移植する造血幹細胞移植を最も多く行っております。
なお、抗悪性腫瘍剤静脈注射用植込型カテーテル設置については、他診療科に依頼して行った手術です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 47 1.17 1.00 0.00 3.26
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) 18 1.06 1.00 0.00 3.17
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

小児外科では、お腹の中にある臓器(小腸・大腸・大網という膜、女児であれば卵巣・卵管)が飛び出してきて、鼠径部が腫れてくる鼠径ヘルニア(脱腸)やへその緒が取れた後に、おへそがとびだしてくる臍(さい)ヘルニアに対しての手術を多く行っております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 103 12.35 7.37 0.00 33.68
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 94 14.56 7.94 0.00 32.73
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 10 0.00 23.80 0.00 0.00
K9061 子宮頸管縫縮術(マクドナルド法) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

産科では、ハイリスク妊娠の妊婦さんに対して、帝王切開術を多く行っております。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 64 8.45 18.66 3.13 60.80
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

腫瘍内科では、⼿術室で⼿術を⾏うことはありませんが、植込型カテーテル設置については、当科にて実施しています。
放射線診断科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 28 1.89 6.43 0.00 57.71
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 10 0.00 1.00 0.00 54.20
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術 - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

放射線診断科では、CTやMRI等を⽤いて患者さんの画像情報から病気の診断をしたり、⾎管造影やその⼿技を応⽤して病気の治療(IVR:画像下治療)をしています。
⼊院患者さんについては、乳がんの患者さんで⻑期間抗がん剤等の点滴を⾏う場合、ポートといってカテーテルごと⽪下に埋め込んでしまう
処置、動静脈奇形に対して動脈を経由して動静脈奇形病変内に塞栓物質(⾎管の流れを塞ぐもの)を⼊れる治療(⾎管塞栓術)、⼦宮筋腫に対して筋腫に栄養を送る⼦宮動脈に塞栓物質を流して閉塞させることにより、筋腫を衰えさせる治療(⾎管塞栓術)を多く行っております。また、消化器内科や消化器外科Ⅰの入院患者さんに行われている、肝臓がんに対する肝動脈塞栓療法は放射線診断科が担当しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 69 2.58 6.03 0.00 66.51
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 65 2.26 9.82 0.00 67.25
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 11 2.45 6.27 0.00 64.36
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 11 3.00 9.45 9.09 66.18
K504-2 胸腔鏡下縦隔悪性腫瘍手術 - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

呼吸器外科では、肺がんに対して、胸腔鏡手術(胸部の数か所に穴をあけて臓器を切ったり掴んだりする用具や胸の中をのぞくカメラを挿入して行う手術)を多く行っております。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 59 1.19 7.68 0.00 61.14
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 43 1.16 3.93 2.33 59.14
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 15 2.73 9.80 0.00 54.87
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5センチメートル未満) - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

乳腺外科では、乳がんに対して、乳房温存手術(乳房部分切除術)や乳房全部を切除する手術(乳房切除術)を多く行っております。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 39 7.03 15.77 92.31 69.05
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) - - - - -
K6021 経皮的心肺補助法(1日につき)(初日) - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

救急科では、救命に必要な手術や処置を他科と協力して行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 23 0.15
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 69 0.44
異なる
※10症例未満は個人情報保護のため表示していません。

医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
手術の合併症については、人工的な挿入物の感染やゆるみ(カテーテル、人工関節、眼内レンズ等)が挙げられますが、すべての手術において合併症が発生する可能性があることから、術前に合併症が一定の確率で発生することを説明するとともに、もし、合併症が発生した場合には、適切な治療を行ってまいります。
更新履歴
2018/09/28
平成29年度 病院指標(DPC)を公開しました