ここから本文です。

摂食・嚥下専門外来

ごあいさつ

当専門外来では、脳卒中や口の中の癌の術後、生まれつきの障害などで、うまく飲み込めない、食事中よくむせる、口から食物がこぼれる、口の中に食物が残るなどの機能障害がある方に対し、嚥下造影検査や嚥下内視鏡検査で摂食・嚥下障害を的確に診断し、最適な治療計画を立案してから治療を行っています。治療では、摂食・嚥下器官の運動性や知覚を高めるための機能訓練、飲み込みやすい姿勢や飲み込み方の指導、食事内容の指導、嚥下補助装置(飲み込みを助けるための入れ歯)や顎義歯(手術であごに欠損ができた方への入れ歯)の作製、口腔ケアの指導なども行っています。

 

概要

診療体制

口腔内科・口腔外科・冠橋義歯補綴科・高齢者歯科などの歯科医師が中心となり、歯科衛生士・言語聴覚士・看護師・栄養士のスタッフと協力して年間約 100名の外来ならびに入院患者の治療にあたっています。

治療方針

摂食・嚥下障害の診断と治療において、最新の知見に基づき、さまざまな検査を行っています。患者の皆様のQOLの改善を目指し、一人一人の症状にあった最適な摂食・嚥下リハビリテーションを提供しています。また、疾患を総合的に診断治療するため、医科のリハビリテーション科、耳鼻咽喉科と協力しています。

診療分野

摂食・嚥下障害(食べること、飲みこむことの障害)に対する診断・治療・リハビリテーション

対象)高齢者の摂食・嚥下障害、脳卒中による摂食・嚥下障害、頭頸部癌術後の摂食・嚥下障害、神経筋疾患(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など)に伴う摂食・嚥下障害、入院が必要な摂食・嚥下障害

診療時間

初診、再診とも毎週水曜日 13時00分~16時00分
完全予約制としておりますので、特に初診の患者さんは電話にて事前にご予約ください。

※お問合せは第四診療室 電話:011-706-4346 (午前9時~午後5時まで)
(摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)専門外来の受診とお申し出ください。)
 

担当歯科医師

職名 氏名 専門分野 所属学会・指導医・専門医など
教授 鄭 漢忠 口腔外科学 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
口腔外科学会指導医・専門医
教授 山崎 裕 高齢者歯科学 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
日本口腔外科学会指導医・専門医
日本老年歯科医学会認定医・指導医
外来責任者(講師) 岡田 和隆 高齢者歯科学 日本老年歯科医学会専門医・指導医
講師 高山 芳幸 歯科補綴学 日本補綴歯科学会専門医
上記の他 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士1名


 
(2016年4月1日 現在)

 

ここからフッターメニュー