ここから本文です。

顎関節治療部門

ごあいさつ

当治療部門は、顎(がく)関節症とそれに関連する機能障害を治療する専門外来です。以下のような症状の方の診療を行っています。

1.顎関節症

  • 口を開きづらく感じる方
  • あごの関節の痛みがある方
  • あごの筋肉の痛みやこりがある方
  • ひっかかるような感じの顎関節の音がある方

2.顎関節脱臼

  • あごがはずれて口が閉じられなくなることがある方
 

概要

診療体制・治療方針

当部門が主な治療対象としている顎関節症は、あごの関節のクッション(顎関節円板)や骨のずれ、変形、咀嚼筋の異常緊張などにより顎関節や咀嚼(そしゃく)筋に症状がでる疾患です。従来の歯科の診療科の枠を越えた総合的な取り組みが必要とされ、北大では、高次口腔医療センターの前身である特殊歯科治療部が1981年に設立された当初から全国の大学に先がけて顎関節治療部門を設け、現在に至っています。

それぞれの患者さんの状態に合わせて、理学療法、薬物療法、咬み合わせの治療などが行われ、稀に外科的治療も行われます。当部門のスタッフを中心に、各診療科のスペシャリストの協力を得ながら診療を行っています。

診療時間・連絡先

初診受付:午前8時30分~午前12時(予約制)
     ※午後の初診をご希望の方はご相談ください
再診受付:午前8時30分~午後4時(予約制)
診療時間:午前9時~午後5時

診療日:月曜日~金曜日
休診日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始の休日

*お問い合わせ先 第三診療室 電話:011-706-4386(午前9時~午後5時まで)
(顎関節治療部門の受診とお申し出ください。)
 

初診の患者さん

  • 平成26年6月より予約制となりましたので、初診の方は事前に電話での予約をお願いします。
  • 歯の上にかぶせる取り外し式のマウスピース(スプリント)や入れ歯をお持ちの患者さんは持参願います。
 

担当歯科医師

職名 氏名 専門分野 所属学会・指導医・認定医など
講師
(外来医長)
後藤田 章人 顎関節症
歯科補綴学
口腔機能学
日本顎関節学会専門医・指導医
日本補綴歯科学会会員
日本口腔機能学会会員
助教 三上 紗季 顎関節症
歯科補綴学
口腔機能学
日本顎関節学会専門医
日本補綴歯科学会会員
日本口腔機能学会会員
上記のほか 日本顎関節学会専門医1名
 

主な検査・設備

画像検査

  • 顎関節単純X線
  • CT
  • MRI(撮影は関連病院に依頼します。)

顎機能検査

  • 筋電図検査
  • 咬合接触圧測定
 

診療実績

年間患者数

  • 患者延べ数:3,670人(平成24年度)
  • 新患数:226人(平成23年度)
(2016年4月1日 現在)

ここからフッターメニュー