ここから本文です。

歯冠修復科

北海道大学大学院歯学研究科口腔健康科学講座歯科保存学教室ホームページ
http://www.den.hokudai.ac.jp/hozon1/

ごあいさつ

当外来では、成人の方を対象としたむし歯の治療、根の治療および軽度の歯周病(歯槽膿漏症)の治療を中心に行っています。さらに、医科での手術(骨髄移植、臓器移植、心臓の手術、関節の手術など)前後の患者さんに対して感染防止のための治療、口の中の健康管理等を行っています。

 

概要

診療内容

むし歯の治療

治療においては、可能な限りむし歯の部分だけを削り、健康な歯を残すことを優先にした治療を行います。むし歯の予防効果が期待できるフッ化物の含んだ材料の使用や審美性(見た目)を重視した材料等の使用を積極的に進めています。

歯の根の治療(根管治療)

むし歯が進行すると、歯の中の歯髄(神経)が侵され、多くの場合痛みをともないます。そのまま放置すると、根の中の歯髄が通っている管(根管)を介して、細菌がさらに体内に侵入する原因となります。細く曲がった根管を処置するのは時間がかかることがありますが、細菌の感染経路を遮断するにはとても重要です。当科では根管治療で痛みがとれない、治療が長引くなどの、治りにくい症状に対処するとともに、症例によっては、顕微鏡下での処置も行います。

医科での手術を受ける患者さんに対して

医科からの依頼により、医科での手術(骨髄移植、臓器移植、心臓の手術、関節の手術など)前後の患者さんに対する感染防止のための治療、口の中の健康管理等を行っています。

歯の漂白

何らかの理由で変色している歯に対して、漂白処置を行うことで色を白くします。変色の状態などで漂白による色の改善ができない場合もありますので、慎重な診断のもとに行います。

診療時間

初診受付:午前8時30分~午前12時(予約制)※午後の初診をご希望の方はご相談ください
再診受付:午前8時30分~午後4時(予約制)
診療時間:午前9時~午後5時

診療日:月曜日~金曜日
休診日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始の休日
 

*お問合せ先 第四診療室 電話:011-706-4346,4347,4359(午前9時~午後5時まで)

担当歯科医師

職名 氏名 専門分野 所属学会・指導医・認定医など
科長(専門外来責任者)(教授) 佐野 英彦 日本歯科保存学会保存治療指導医
講師 田中 享 日本歯科保存学会保存治療認定医
外来医長(助教) 池田 考績 日本歯科保存学会保存治療認定医
上記の他 日本歯科保存学会保存治療認定医 3名
 

主な検査・設備

歯科用実体顕微鏡

主に根管治療における根管内の確認のために用います。強い光を当てて大きく拡大された像を見ることができるため、より詳しく歯の状態が解ります。
 

(2014年4月1日 現在)

ここからフッターメニュー