ここから本文です。

精神科神経科

精神科神経科ホームページ
http://psychiatry.med.hokudai.ac.jp/
児童思春期精神医学分野ホームページ
http://psychiatry.med.hokudai.ac.jp/child/

 

ごあいさつ

精神科神経科は1928年に内村祐之(北大にゆかりの深い内村鑑三の長男)によって開設され、同年11月より診療を開始しました。以来、名実ともに北海道の精神医療の中心であり続けています。現在、当科では約30名の医師をはじめ、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師等、約80名のスタッフが、こころの病気に苦しむ人々のお役に立つことを願って幅広く医療活動を続けています。

概要

精神科神経科の外来・病棟では、常に全人的、包括的医療を目指し、患者さんが安心して受診し療養生活を送ることができるよう、明るく開放的な雰囲気作りを心がけています。児童・青年期から老年期までの幅広い世代と、多様な精神疾患に対応しています。内科や外科などのほかの診療科と連携、協力して身体疾患を併せ持った患者さんを診察・治療するための設備も備わっています。また、てんかん治療の北海道のセンター的施設としての役割も担っています。
治療は、薬物療法をはじめとした生物学的治療と、精神療法や精神科リハビリテーションなどの心理社会的治療を偏りなく組み合わせて行っています。薬物療法に関しては、私たちは日本でも最も早い時期の1950年代から採り入れており、多くの患者さんの症状にめざましい効果を挙げてきました。また、精神療法は患者さんの困っていること、苦しんでいることに耳を傾け、その具体的、現実的な解決を図ることを中心としています。さらに、デイケアや作業療法など社会復帰に向けた精神科リハビリテーション分野においては、全国の大学病院に先駆けて早くから取り組み、成果を上げています。気分障害患者に対する集団認知行動療法やこれと作業療法や認知リハビリテーションを組み合わせた回復活性化統合プログラム・職場復帰支援プログラム(大学病院で全国初)、デイケアクリニカルパス(全国初)などモデルとなるような取り組みを多数実践しております。
これらの多様な治療を、医師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師らの多職種でチームを組み、実践に向けて日々努力しております。

担当医師

職名 氏名 専門分野 所属学会・指導医・認定医など
教授 久住 一郎 精神医学 精神保健指定医・精神神経学会認定指導医
講師 賀古 勇輝 精神医学 精神保健指定医・精神神経学会認定指導医
講師 伊藤 侯輝 精神医学 精神保健指定医・精神神経学会認定指導医
外来医長(講師) 橋本 直樹 精神医学 精神保健指定医・精神神経学会認定指導医
病棟医長(助教) 成田    尚 精神医学 精神保健指定医・精神神経学会認定指導医

主な検査・設備

検査

脳波、MRI、SPECT、PET、脳磁図、事象関連電位、認知機能検査、心理検査、眼球運動検査。

設備

スポーツ運動療法施設、長時間ビデオ脳波モニタリングユニット。

診療実績

外来: 1日平均 約200名。
病棟: 開放病棟40床、閉鎖病棟30床。
検査入院: 物忘れ検査入院、こころのリスク検査入院・統合失調症検査入院
専門外来: てんかん外来、リエゾン外来、リカバリー外来、児童思春期外来など
精神科リハビリテーション: デイケア、作業療法、気分障害患者の回復活性化統合プログラム・職場復帰支援プログラム、認知リハビリテーションなど

ここからフッターメニュー