ここから本文です。

皮膚科

皮膚科ホームページ
http://www.derm-hokudai.jp/jp/index.html

ごあいさつ

当科では湿疹、いぼ、水虫などの一般的な疾患から、膠原病、皮膚がん、遺伝病による皮膚疾患など、皮膚にあらわれる病気を診察します。

概要

診療体制

別表にも示しましたとおり、木曜日をのぞく平日午前に一般外来を行っております。当科では病診連携を積極的に進めており、紹介制で診察を行っております。初めて受診される方や長い期間を空けて受診される方は、かかりつけ医からの紹介状をお持ち下さい。また、曜日により、完全予約制で専門外来を行っております。現在当科で行っております専門外来は、遺伝相談外来(水曜午後、清水宏教授)、皮膚外科外来(木曜午後、秦 洋郎助教・柳 輝希特任助教)、乾癬外来(木曜午後、藤田靖幸講師)、レーザー外来(木曜午後、大口由香医師)、自己免疫性水疱症外来(火曜午後、氏家英之助教・岩田浩明特任助教)、表皮症外来(第1・3金曜午後、藤田靖幸講師・新熊 悟助教)、魚鱗癬掌蹠角化症外来(第2・4金曜午後、乃村俊史助教)となっています。


詳細につきましては北大皮膚科ホームページをご参照ください。

治療方針

アトピー性皮膚炎から皮膚悪性腫瘍まで幅広く対応いたします。また、当科では別表に示します専門外来を常設し、それぞれ専門の医師が担当して治療にあたります。皮膚悪性腫瘍など入院が必要となる疾患に対しては、皮膚科病棟に入院して頂いた上で、専門的な治療を行います。
当院で必要な検査や急性期の治療が終わりましたら、かかりつけ医への紹介をさせて頂き、各医療機関との連携を取った診療を継続いたします。

診療分野

皮膚炎症性疾患(湿疹、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬など)、皮膚感染症(水虫、いぼなど)、皮膚腫瘍(良性腫瘍、皮膚癌など)、 遺伝性皮膚疾患(表皮水疱症、魚鱗癬など)、膠原病(SLE、皮膚筋炎など)、自己免疫性疾患(天疱瘡、類天疱瘡など)、その他皮膚に症状が現れるものを診察いたします。

診療時間

午前の診療時間は、9時00分-12時00分です。予約外の再診受付は11時00分までになります。再来は予約時間にそった診療を行うよう心がけておりますが、急変の方がいらっしゃった場合などでは、時に長い時間お待ちいただかなければならないケースもございます。お待ち頂いた際には、ご了承をお願い致します。

曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診医 氏家英之
新熊 悟
(交代制)
乃村俊史
岩田浩明
(交代制)
清水 宏 /
藤田靖幸
夏賀 健
(交代制)
休診 西江 渉
専門
外来
担当医
休診 自己免疫性
症外来
(氏家英之、
 岩田浩明)
(交代制)
遺伝相談外来
(清水 宏)
皮膚外科外来
(秦洋郎、柳輝希)
乾癬外来
(藤田靖幸)
レーザー外来
(大口由香)
【第1・3】
表皮水
症外来
(藤田靖幸、
 新熊悟)
【第2・4】
魚鱗癬掌蹠角化症外来
(乃村俊史)
 

担当医師

職名 氏名 専門分野 所属学会・指導医・認定医など
科長(教授) 清水 宏 遺伝性皮膚疾患、
自己免疫性皮膚疾患、
再生医療、
水疱症、
アトピー性皮膚炎
日本皮膚科学会認定専門医
准教授 西江 渉 遺伝性皮膚疾患
水疱症
分子皮膚科学
日本皮膚科学会認定専門医
講師 藤田 靖幸 乾癬、表皮水疱症 日本皮膚科学会認定専門医
助教 氏家 英之 皮膚免疫学、
自己免疫性
日本皮膚科学会認定専門医
助教 乃村 俊史 アトピー性皮膚炎、
魚鱗癬、掌蹠角化症
日本皮膚科学会認定専門医
助教 夏賀 健 水疱症 日本皮膚科学会認定専門医
助教 秦 洋郎 皮膚悪性腫瘍 日本皮膚科学会認定専門医
助教 新熊 悟 表皮水疱症、
遺伝性皮膚疾患
日本皮膚科学会認定専門医
特任助教 岩田 浩明 自己免疫性水疱症 日本皮膚科学会認定専門医
がん治療認定医
特任助教 柳 輝希 皮膚悪性腫瘍 日本皮膚科学会認定専門医
上記の他 日本皮膚科学会認定専門医 8名
 

主な検査・設備

検査

アレルギー性疾患に対するアレルギー検査、水虫の診断に行われる真菌検査などの一般的な検査に加え、水疱症の診断に有用な蛍光抗体法やウェスタンブロット法、電子顕微鏡検査など、特殊な検査を行っております。当科では遺伝相談外来を専門外来として常設しており、遺伝子検査を行っております。

設備

当科では乾癬外来、レーザー外来が専門外来として常設されており、全身型紫外線照射装置による紫外線療法、各種レーザーを用いたあざ、良性皮膚腫瘍の治療を行っております。

診療実績

大学病院としての特性から、新しい取り組みとしてアトピー性皮膚炎教育入院プログラムを導入しております。短期間の入院期間中に、ご自身の病状を把握し、病気の特性を理解していただき、正しいスキンケアの方法について医師、看護師が協力して具体的な治療を実施しています。また、生物製剤を用いた新しい乾癬治療にも取り組んでいます。さらに、新しい視点からの臨床研究として、培養表皮を用いた再生医療や、重症薬疹の予測キットの開発などにも取り組んでいます。

皮膚科外来の完全紹介制への移行について

北海道大学皮膚科学教室では、かねてより病診連携を推進してまいりましたが、さらに病診連携を進め、より専門性の高い医療を必要とする患者様の診療に尽力するために、2012年10月1日より、初診患者様の完全紹介制を導入しております。

紹介状を持たない初診患者様につきましては、まず皮膚科開業医院や一般病院皮膚科を受診して頂いた上で、専門的な加療が必要と判断された場合に、紹介状をご持参のうえ再度来院して頂く必要がございます。必要に応じて、外来受付で近隣施設のリストをお渡しいたします。緊急性が高いと判断される患者様におきましては、紹介状を持参していない場合でも当日対応いたします。
また、予約が無く、2年以上の期間が空いて受診されなかった患者様におきましても、北海道大学病院の制度上、初診患者として同様に対応させて頂きます。

大学病院において専門性の高い医療を引き続き充分に発揮するため、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

2016年3月24日 北大皮膚科 スタッフ一同

再診受付時間の変更について

再診の受付は、2012年10月1日から午前11時までとなっております。ただし、予約のある方は午前11時以降も受付ができます。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。


2016年3月24日 北大皮膚科外来一同

ここからフッターメニュー