ここから本文です。

スポーツ医学診療科

ごあいさつ

毎日自由に歩いて暮らすこと、さらにはいろいろなスポーツや健康増進活動を日々楽しむことは、人間のQuality of Life(生きることの質)を高めるために最も重要な事項の一つです。 しかしいろいろな病気やけがのためにこれらの活動ができなくなる人がいます。また誤ったスポーツや健康増進活動によって病気やけがが起こることがあります。スポーツ医学診療科はこのような方々の診療を通して、人間のQuality of Life(QOL)を支援するための診療科です。スポーツ、歩くこと、健康増進活動などに関するあらゆる悩みの相談に応じる中で、必要によっては手術を含む高度先進医療を実施し、幅広く国民の皆様のお役に立ちたいと願っております。

ページの先頭に戻る

概要

診療方針

当科では、スポーツ整形外科および下肢関節外科疾患・外傷全般に渡り、各診療科との連携の下、疾患・外傷の診断・治療方針の選択を行い、十分な説明と同意を原則に外来・入院治療を行っています。

診療分野

1.スポーツ外来

 スポーツに関連したけが・病気・障害を、スポーツ種目特異性およびアスレチックリハビリテーションを考慮して治療します。受傷早期の治療から、手術治療、リハビリテーションに至るまで競技復帰を目指した診療計画に基づいた治療を行っています。またスポーツを行う上でのトレーニング方法、メディカルチェックなどの相談も受け付けております。

2.膝関節専門外来

 膝関節は特にQOLを維持する要となる重要な関節です。膝は年齢を問わず、もっとも障害を生じやすい関節の一つであり、そのために膝のけがや病気は年々増加しています。年令や性別を問わず、またスポーツと関係がなくても、あらゆる膝のけがや病気の治療に応じています。

診療時間

・火曜日 初診 午前8時30分~午前12時 再診は予約制
・木曜日 初診 午前8時30分~午前12時 再診は予約制
・スポーツ医学診療科は、平成29年3月31日で診療を終了します。
 4月以降も当院あるいは主治医の診療をご希望される方は、診療受付(011-706-5760/5761)にご相談ください。

ページの先頭に戻る

担当医師

職名 氏名 専門分野 所属学会・指導医・認定医など
診療教授 北村 信人 スポーツ整形外科
膝関節外科
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会公認 スポーツドクター
診療教授
(保健科学研究院)
遠山 晴一 スポーツ整形外科 日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会公認 スポーツドクター
助教 小野寺 純 スポーツ整形外科
膝関節外科
日本整形外科学会 専門医
日本体育協会公認 スポーツドクター
医員 後藤 佳子 スポーツ整形外科 日本整形外科学会認定 専門医
日本体育協会公認 スポーツドクター

ページの先頭に戻る

主な検査・設備

  • CT(コンピュータ断層撮影装置)
  • 高磁場MRI(磁気共鳴画像装置)
  • 超音波診断装置
  • 骨塩定量測定器
  • 膝関節靭帯安定性測定器
  • 関節鏡視下手術器械
ページの先頭に戻る

ここからフッターメニュー