ここから本文です。

周産母子センター

周産母子センターは産科部門、新生児部門、不妊症治療部門の3つの部門から成り立っています。

産科部門

主に不育症、切迫早産、前期破水、妊娠中毒症、内科疾患など合併症を持つ妊婦、多胎妊娠、胎児異常などのハイリスク妊婦の妊娠・分娩・産褥の管理を行っています。他産婦人科診療施設からのハイリスク妊婦母体搬送の依頼に対応することで地域医療に貢献しています。

新生児部門

主にハイリスク母体から出生した、低出生体重児、多胎児、新生児外科手術を必要とする新生児、先天性疾患を持つ新生児などのハイリスク新生児の出生時および出生後の管理と退院後のフォローアップを行っています。原則的に院内出生児を対象としています。

不妊症治療部門

腹腔鏡手術、人工授精、体外受精、顕微受精、凍結胚移植などの技術を用いた高度不妊治療を行っています。地域の産婦人科診療施設と有機的に連携して効率的な治療計画を展開しております。


北海道大学医学部産婦人科ホームページ 詳細はこちらへ
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~e20643/index.htm
一般社団法人WIND 詳細はこちらへ
http://www.wind.or.jp/

ここからフッターメニュー