ここから本文です。

病理診断科・病理部

病理診断科・病理部は、疾患の確定診断である病理診断を担う極めて重要な部門です。



病理部病理診断は病理組織診断と細胞診の大きな二つの柱からなり、病変部の組織・細胞を種々の手法を用いた形態観察によって分析することにより、迅速かつ正確な診断として報告されます。当部では生検・手術・術中診断など診断依頼件数はうなぎ登りですが、従来行われてきた詳細な形態観察に加え、当該病変を特徴づける種々の形質や遺伝子異常、治療標的分子の評価などを、組織・細胞標本のなかで日常的に直接証明する努力を続けています。

 

当部における、免疫組織化学をはじめとするこれら補助診断法の精度の高さや応用範囲の広さは全国的にも注目されており、そのノウハウを積極的に情報発信するとともに、さらなる向上を目指して国内外のエキスパートとも密接な相互支援体制を構築しているところです。さらに、頻繁に行われる診療各科との合同カンファレンスの場で病理診断情報を詳細に討論し、患者さんごとの治療選択の指針・根拠や治療効果を評価するなど、より適切な診療・研究を求めて診療各科と充実したパートナーシップを築いていることも当部の大きな特徴のひとつです。これらの活動によって、病理部は当院における診療の質的向上の基盤を支えているのです。

 

詳細はこちらへ
http://www2.huhp.hokudai.ac.jp/~patho-w/

ここからフッターメニュー