ここから本文です。

手術部

手術部手術部では胃腸など消化管、肝臓・膵臓などの手術はもちろんのこと、循環器外科、整形外科、泌尿器科、形成外科、眼科などから口腔外科まで、全部で15診療科の手術が行われています。高度先進医療として肝臓移植、腎臓移植、骨髄移植なども行われる一方で、小児の鼠径ヘルニアや局所麻酔の小手術まで、北大病院の入院患者さん、外来患者さんのあらゆる手術を行っています。

 

この北大手術部の手術件数は、全国の42国立大学病院では3~4番目に多く年間6,000件をこえ、患者さん、医師・歯科医師、看護師、臨床工学技士、放射線科技師、機器洗浄者・清掃業者・医学生などで、1年間にのべ約5万人もの人々が出入りし、入院患者の約半数のものが外科手術を受ける場であります。
 

麻酔科医師の安全を徹底した管理、外科系各診療科医師・歯科医師、手術介助にあたる手術部看護師ほか約80名の手術部スタッフが一致協力し、患者さんの立場にたって毎日の手術が安全に行えるよう、日々安全管理と感染管理に努力を続けております。

ここからフッターメニュー