ここから本文です。

検査・輸血部

検査・輸血部検査・輸血部では各種検体検査、輸血検査、細菌検査、生理機能検査、外来採血業務を行っています。
 
検体検査部門では、生化学検査、血液検査、免疫血清検査、FCM検査、遺伝子・染色体検査や一般検査を実施しています。また、緊急検査項目を24時間体制で検査しています。
 
輸血検査部門では、血液製剤の管理から検査までの一元管理を24時間体制で行っています。
 
細菌検査部門では、細菌培養検査、各種迅速抗原検査、PCR検査を365日体制で実施しています。
 
生理検査部門では、心電図検査、呼吸機能検査、神経生理学的検査などを実施しています。また、血管造影室、手術室、外来診療科検査室への出向業務も行っています
 
外来採血業務では、1日約450名の採血を実施しています。
 
第三者評価として2005年9月、大学病院検査部では日本最初のISO15189認定を取得しました。 ISO15189とは、国際標準化機構が2003年2月に定めた臨床検査室のグローバルスタンダードであり、検査が正しく行われるための仕組み(マネジメントシステム)と正しい検査結果を出す技術・能力が国際的な基準を満たしていることを意味します。(認定施設は2011年6月現在,全国で59機関)


 

詳細はこちらへ
http://www2.huhp.hokudai.ac.jp/~labo-w/

ここからフッターメニュー