ここから本文です。

現在のページ

ゆめ募金以外の寄附金について

寄附金とは

医学教育、学術研究の奨励および病院運営の助成等のため、企業や個人の皆様方にご協力をお願いする寄附金のことです。

寄附金の使い道は

寄附の趣旨に沿って、教育研究および病院運営に必要となる機器・消耗品の購入や旅費、ならびに医療従事者の育成等に使用させていただきます。また、寄附金は翌年度以降に繰越して使用することが認められています。

申し込みの手続きは

寄附金申込書に必要事項を記入の上、下記申込み先へご提出ください。
 

※申込み・問い合わせ先: 北海道大学病院 経営企画課経理係
住所: 〒060-8648 札幌市北区北14条西5丁目
電話: 011-706-6048
E-mail: b-yokan@jimu.hokudai.ac.jp
 

※寄附金申込書 ⇒pdf 【PDF版】 (66.1KB)  doc 【Word版】 (29.0KB)
 

寄附金申込書を提出いただいた後、北海道大学より振込のご案内を送付いたしますので、最寄りの金融機関よりお振込をお願いいたします。
 

寄附金の受入れの制限

次に該当する寄附金は、受入れることができません。

  1. 次に掲げる条件以外の条件が付されている寄附金
    (1) 貸与又は給与する学生の範囲を定めること。
    (2) 学術研究を指定すること。
    (3) 寄附金によって研究した結果の簡単な報告を行うこと。
    (4) 寄附金にかかる収支決算の概要を提出すること。
    (5) 前各号に掲げるもののほか、本学の業務遂行上支障がないと認められる条件
  2. 地方公共団体からの寄附にかかるもののうち、当該地方公共団体の自発的な意思に基づくものであることが確認できないもの。
  3. 寄附金を受け入れることによって、配分予算で賄えない財政負担が伴うもの
   

税法上の優遇 ・住民税軽減

■ 税法上の優遇措置

  • 寄附者が個人の場合:「寄附金控除」の取扱いとなります。(所得税法第78条)
  • 寄附者が法人の場合:全額「損金」に算入できます。(法人税法第37条)

■ 個人住民税の軽減について

平成20年度税制改正により、都道府県・市区町村の条例で本学が「寄附金税額控除対象法人等」として指定された場合、本学に対して寄附された方は、従前の所得税の寄附金控除に加えて、個人住民税が軽減されます。

 

寄附金の流れ

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー