ここから本文です。

現在のページ

東日本大震災に被災された皆様に~対応について

東日本大震災について -北海道大学病院の対応-

東日本大震災及び津波により被災された皆様へ(病院長メッセージ)
 
 このたびの東日本大震災の被災者の方々に、心からのお悔やみ、お見舞いを申し上げます。
 北海道大学病院と致しまして、医療チーム・医療物資を含めた可能な限りの支援あるいは受け入れにつきまして、病院全体として応援申し上げたいと存じます。


平成23年3月22日 北海道大学病院長 福田 諭
 

3月14日 全国医学部長病院長会議の受け入れ要請に回答
3月15日 被爆医療調査協力要員 待機
3月17日 災害対策特別本部設置
情報センター設置:706-5605
3月20日 北海道大学病院医療救護班派遣
15時、医師2名、看護師2名、薬剤師1名、事務職員2名、計7名からなる医療救護班が岩手県に向けて出発。今後、約1週間交代で6~7チーム派遣予定。
3月22日 必要物資、不足物資を、弘前大学病院及び岩手医科大学附属病院に発送
3月24日 北海道大学病院医療救護班第二班派遣
3月26日 医療救護班第一班帰着
3月28日 医療救護班第一班による被災地状況の報告
3月30日 医療救護班第三班出発、医療救護班第二班帰着
4月4日 医療救護班第四班出発、医療救護班第三班帰着
4月7日 医療救護班を第10班まで派遣することを決定
4月9日 医療救護班第五班出発、医療救護班第四班帰着
4月14日 医療救護班第六班出発、医療救護班第五班帰着
4月19日 医療救護班第七班出発、医療救護班第六班帰着
4月24日 医療救護班第八班出発、医療救護班第七班帰着
4月28日 医療救護班第九班出発
4月29日 医療救護班第八班帰着
5月4日 医療救護班第十班出発、医療救護班第九班帰着
5月9日 医療救護班第十班帰着
5月23日 医療救護班報告会を実施

お知らせ

・スクリーニング検査に関する情報
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/iyk/resultofscreaningtests.htm (保健福祉部医療政策局医療薬務課HP)

活動の様子

活動の様子 活動の様子
 
 

北海道大学病院医療救護班派遣

北海道大学病院医療救護班派遣 北海道大学病院医療救護班派遣

北海道大学病院医療救護班派遣 北海道大学病院医療救護班派遣

北海道大学病院医療救護班派遣



 

北海道大学病院医療救護班第二班派遣

北海道大学病院医療救護班第二班派遣 北海道大学病院医療救護班第二班派遣


 

医療救護班第十班出発、医療救護班第九班帰着

九班と十班による長部での業務引継の様子
療救護班第十班出発、医療救護班第九班帰着 療救護班第十班出発、医療救護班第九班帰着


 

医療救護班報告会を実施

北大病院医療救護班報告会及び慰労会を開催

去る、5月23日(月)に医学部臨床大講堂で、北海道大学病院医療救護班による報告会が行われました。
本院では、東日本大震災で甚大な被害を受けた、岩手県陸前高田市の長部地区に3月20日~5月9日まで医療救護班を派遣し、被災した方々の診療にあたってきました。
報告会では、医療救護班第二班のリーダーとして、現地に赴いた丸藤哲 教授から活動報告があり、引き続き、医療救護班第一班の医師、看護師、薬剤師、事務職員から活動の感想について発表がありました。
活動報告終了後、福田病院長から、医師、看護師、薬剤師、事務職員の代表者に、労いの言葉とともに感謝状が授与されました。
報告会終了後は、医学部食堂で関係者による慰労会が行われ、西村正治副病院長の現地の救護活動に対する労いの言葉があり、西村副病院長の献杯により開会となり、一時間ほどの後、川畑いづみ看護部長の献杯により閉会となりました。
今回の派遣活動については、一つの区切りとなりますが、今後も本院では被災地の支援あるいは受け入れにつきまして、病院全体として応援申し上げたいと存じます。
(北海道大学病院)



北大病院医療救護班報告会及び慰労会を開催 北大病院医療救護班報告会及び慰労会を開催


 

ここからフッターメニュー