ここから本文です。

現在のページ

病院ボランティアについて

病院のボランティア活動について

病院ボランティアとは

ボランティア風景 私たちは、病気になると病院で診察や治療を受けたり、場合によっては入院することもあり、また日常生活においても病院とは深いかかわりをもっています。
 
 「病院ボランティア」とは病院内で医師・歯科医師、看護師その他の職員と協力して、これら患者さんが少しでもよい状態のもとで治療を受けることができるように、 自発的に無報酬で奉仕する人のことです。
 
 病院ボランティアには、医師・歯科医師や看護師の仕事はできません。しかし、病院の中には専門職でなくてもできることがたくさんあります。 また、病院の働きを理解し、地域社会と病院との橋渡しの役をすることもできます。 そして、その活動をとおして奉仕することの喜びと、自分の持っている力を再認識することができると思います。

病院ボランティアの役割は

 ボランティアに期待する具体的な役割は、個々の病院によって異なると思いますが、市民参加としてのボランティアを考える時、 その受け持つ役割には共通するものがあります。

  1. 患者さんに対して:一人一人の患者さんに人間的なきめ細かいサービスを提供する役割
  2. 病院に対して:病院生活を豊かにし、より良い療養環境をつくリあげる役割
  3. 地域社会に対して:病院と地域社会を結びつける役割
 

病院ボランティア活動を始めるにあたって

使用申込方法

病院ボランティア活動の心構えについては、下記のとおりです。

  1. オリエンテーションに出席する:病院でのボランティア活動は特別な資格を持たなくてもできますが、まず、その病院における活動内容を確認するためにも、オリエンテーションには必ず出席しましょう。
  2. 心身の健康に心がける:患者さんに接する時には、誰に対しても平等でなければなりません。相手を思いやる温かい心で明るく話しかけ、静かに話を聞き、的確に処理するためには、自分自身の健康管理が大切です。
    • 活動の前後に手を洗い、うがい等を励行、自分自身の健康に十分気をつけましょう。
    • 活動中に病気になったら、すぐに担当者に連絡しましょう。
    • 病院で決められた健康診断は必ず受けましょう。
  3. 病院の規則に従って職員の指示のもとに行動する:不明な点や判断のつきにくいことはきちんと確認してから行動しましょう。
  4. 自分のやりたいことだけをするのではなく、職員の指示に従い、ボランティア仲間や病院のスタッフ、患者さんとのよい関係のもとにすすめられることが大切です。
  5. 患者さんのプライバシーを守る患者さんの名前や身分、病名、症状、診断など活動中に見たり、聞いたり、知ったりしたことは他言してはなりません。
  6. 活動に適した服装:身軽に動ける服装で、活動しやすい音のしない靴をはき、髪型や化粧、アクセサリー、香水もできるだけ控えめにしましょう。貸与された被服等を着用し、ネームプレートをつけましょう。
  7. 決められた活動日、時間を守る:どうしても休まなければならない場合は、その旨を早めに病院の担当者に連絡し、仲間や病院に迷惑をかけないようにしましょう。
 

北大病院ボランティア活動の概要

活動場所

北海道大学病院外来ホール他

活動内容

  • 診療申込書の代筆、および書き方の説明
  • 病院内の案内
  • 身体の不自由な方に対する必要時の移動の介助
  • 自動再来受付機の操作案内

活動日と活動時間

  • 活動日
    月曜日~金曜日
    ただし祝祭日および年末年始12月29日~1月3日を除く。
  • 活動時間
    午前8時30分~午前11時30分
    午前11時30分~午後2時30分

経費等

  • 活動に要する費用は、交通費を含めてすべて自己負担となります。
  • また、提供できる駐車場はありませんので、公共の交通機関等の利用をお願いしております。

活動中の服装

  • 貸与する被服等を着用し、ネームプレートを付けてください。
 

申し込み方法

ボランティア活動をご希望の方は、下記にお問い合わせください。

住所 〒060-8648
札幌市北区北14条西5丁目
北海道大学病院医療支援課医療支援係
電話番号 011-706-7027
  • ボランティアとして活動を開始する前に、オリエンテーションを受講していただきます。
 

申込の流れ

申込の流れ

ここからフッターメニュー