ここから本文です。

現在のページ

北海道大学病院で『第45回ふれあいコンサート 七夕の夕べ』を実施

 北海道大学病院では、8月4日(木)、『第45回ふれあいコンサート 七夕の夕べ』を開催しました。患者サービス推進委員会が中心となって色々な企画をしていますが、今年もよさこいソーラン演舞、ボランティアの方々が加わった縁日コーナーと盛りだくさんの内容となりました。会場のアメニティホールをはじめ、病院の各所に笹飾りが飾られ、「早く退院できますように」などの患者さんや職員の願いが込められた短冊が、涼やかな雰囲気を醸し出していました。
 コンサートは、浴衣姿の司会者のもと、福田論病院長の挨拶で開幕しました。「北海道大学 縁」「平岸天神」によるよさこいソーラン演舞の披露では、息のあったエネルギッシュな踊りに会場は大変な熱気に包まれ、R&B歌手のKarani(カラニ)の力強さと哀愁の調和した歌声には多くの人が魅了されていました。初の趣向となる「オーロラダンス上映」では、スクリーンに映し出された極北の夜空の美しさに、あちこちで感嘆の声が上がりました。
 川畑いづみ看護部長の挨拶で、今年のコンサートは幕を閉じました。北海道大学病院の夏の風物詩として、夏の一夜のコンサートは定着しています。
(北海道大学病院)
会場の様子1 
会場の様子2

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー