ここから本文です。

現在のページ

北海道日本ハムファイターズが院内学級を訪問

 6月15日(金)に北海道日本ハムファイターズが、病気と闘う子供たちを勇気づけるために院内学級を訪問しました。
 院内学級への訪問は今回で6回目を数え、毎年、入院中の子供たちが大変楽しみにしているイベントで、今年は、栗山監督、吉川投手、鶴岡捕手、加藤内野手、陽外野手の6名に来院していただきました。
 最初に監督らが訪れた病院長室では、病院長の代理として、安田スポーツ医学診療科長から「今後も本院はファイターズを医療面からサポートしていきたい」と挨拶があり、島田球団代表から「北大病院のサポートには感謝している。今後ともよろしくお願いしたい」といった旨の謝辞が述べられました。
 監督、選手は本院6階の運動療法室で、院内学級の子供たちとキャッチボールや記念撮影会、質問タイムなどを通して触れ合いました。
 また、病室から出られない子供たちについては、小児科病棟まで足を運んでいただき、病室を一つずつ回って子供たちを励ましてくれました。
交流の様子1
交流の様子2

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー